【日本100名城・明石城】現存する貴重な三重櫓を間近で見れる城

旅の記録

兵庫県の明石市、明石駅のすぐ横にある明石城では国内に12基しかない現存する三重櫓を見ることができます。また、庭園も豊かでちょっとした散策にも適したスポットです。

明石城

日本の100名城にも選ばれている明石城は1619年に小笠原忠政によって築かれ、1957年には巽櫓・坤櫓が国の重要文化財に指定されています。

見どころや観光スポットをまとめました。

明石城に現存する櫓は巽櫓と坤櫓でどちらとも三重櫓(屋根が3重で三重櫓)です。三重櫓は最高の格式を持つ櫓で、大きさは小型の天守に匹敵する物です。当時のものが現存しているのは12基しかなく、非常に貴重なものになっています。

櫓の中に入ることはでいきませんが、間近で見ることができます。そして、櫓のすぐ横には展望台が作られており、そこから城下町や明石市を眺めることができます。

上から見るとよく分かりますが、明石城では庭園の面積が大きくなっています。それも当時から造園に力を入れたためです。

剛ノ池・庭園

明石城の敷地の中にある剛ノ池ではアヒルボートができます。池といっても小さくはないです。そして、海や湖のように波はあまりないので安心です。

明石城の庭園も有名で、敷地の至る所に整備された庭があります。

そんな庭を眺めながらお茶ができるスポットが「TTT」です。

カフェ TTT

明石城の敷地の中にはTTTというカフェがあります。

こちらでは明石城の整備された庭園を見ながらカフェ時間を楽しむことができます。

TTT 営業時間・webサイト

営業時間11:00〜21:00
webサイトhttps://t-t-t.co/
TTT営業情報

あとがき

明石城は広大な敷地で一周しようとすると1時間ほどかかります。敷地の中は坂道や足場が悪いとに所もあるので、観光する際は歩きやすい靴で行くのがおすすめです。

ブログをご覧いただきありがとうございました!毎日20:00に更新していますので、良かったら明日も見に来てくださいね。

それでは、また!


他にも旅行で良かった場所を記録として書いています。よかったらご覧ください。

good and new ブログ 旅の記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました