琵琶湖一周サイクリングへの道(トレーニング編)

旅の記録

琵琶湖一周サイクリングの旅を計画しています。距離は160kmで、サイクリング未経験の私には少しハードルが高かったので筋トレやジムに通って練習をしました。

その練習の記録をまとめています。

琵琶湖1周の概要やコースなどについてはこちら。

筋力系

スクワット

筋力系は特別な器具を使わなくてもできるスクワットにしました。家の合間時間に少しずつやりました。

初回)スクワット20回

手始めにスクワットを20回ほどやりました。日頃ほぼ運動をしない自宅警備員兼プログラマーには20回でも足がプルプルです。

スクワットを20回やった翌日、まさかの筋肉痛。。。笑

高校の野球部時代、練習終わりにスクワット連続500回やった時の体力は何処へ。。。

怒涛の追い上げ

初回20回やっただけで筋肉痛になった自分が情けなくてここから毎回回数を上げて徐々に体を慣らしていきました。

第二回)スクワット50回

第三回)スクワット80回

第四回)スクワット100回

やっと100回連続でできるようになりました。この頃になると翌日に少し疲れはありますが、筋肉痛にはならなくなりました。

最終回)スクワット100回✖️2セット

100回2セットを行なえるようになったので一旦スクワットは終わりにしました。のちのブロックで書いている実践編でも問題なさそうだったのでこれで筋力アップは終わりにします。

持久力系

エアロバイク

持久力はジムのマシンバイクを使ってトレーニングをしました。

今回は継続的なジムの利用ではなかったので市営のジムを利用しました。市営のジム概要についてはこちら。

初回)マシンバイク4km(時速16kmペース)

初回は4kmを15分掛けて様子を見ました。実践では20kmペースになるので第二回からは20kmペースでキープするようにしています。

怒涛の追い上げ

第二回からは10kmずつ距離を上げてやっています。本番は160kmを2.5日掛けて走るので急ピッチで仕上げました。

第二回)マシンバイク10km(時速20kmペース)

第三回)マシンバイク20km(時速20kmペース)

第四回)マシンバイク30km(時速20kmペース)

最終回)マシンバイク40km(時速20kmペース)

最終回では2時間景色も変わらないマシンバイクを走り続けなくちゃいけないので退屈でした。

実践

筋力と持久力のトレーニングが完了してから、実践編としてロードバイクをレンタルしてサイクリングを行いました。

その詳しい様子はこちら。

実践編では80kmを1日掛けて走りました。翌日にかなりの疲労感はありましたが、ある程度自信になったと思います。

ロードバイクは独特のバランス感覚が必要なので、練習して損は無いと思います。

実際に琵琶湖を走った感想

結論、ある程度トレーニングしておいて良かったと思います。全くトレーニングをしない状態の場合は走り切れたか微妙な所です。

琵琶湖は高低差は少ないですが距離はあります。そのため持久力系のトレーニングを重視した方がいいかもしれません。

あとがき

琵琶湖一周の様子は各項目に分けてブログを書いています。もしよろしければそちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました