魅力的な時間とお金の使い方を学びたい

エッセイ

私が男女問わず誰かを魅力的だと思う時には魅力的な時間を過ごしていたり、魅力的なお金の使い方をしていたりします。魅力的な時間・お金の使い方とは何か、逆に魅力的ではないものは何かを考えました。

多くの人に魅力的と思われたい

「多くの人に魅力的と思われたい」これは誰もが持っている欲求だと思います。少なくとも、蔑んでみられたり、つまらない人間だ、とは思われたくはないはずです。

では、なぜ「多くの人に魅力的に思われたい」のでしょうか?

それは、魅力的だと思われれば、多くの人と友好的な人間関係が築けて、結果生活が楽しく・豊かになるからだと思います。

どのような人間が魅力的ではないか?

私が感じる魅力的ではない人の特徴は「何もしない」or「話せるものが何もない」人です。

例えば、休日は何もせず、どこにも出かけず、仕事の日は家と職場の往復。物欲も食欲もなく趣味もない。そんな人に魅力は全く感じません。

そんな人と話しても何の刺激もなく非常に退屈な時間になります。

どうすれば魅力的と思われるか?

では、どうすれば魅力的に感じてもらえるでしょうか?

私は「人が惹かれる時間の使い方or人が惹かれるお金の使い方」をしていれば、魅力的だと思われるのではないかと思います。

とてもざっくりしていますが、これ以上解像度高く言語化できませんでした。

逆に言えば、「相手にとって惹かれるお金・時間の使い方をしている=面白い人と認識される」ということです。

どうすれば多くの人に魅力的と感じるか?

それは多くの人が共感・刺激になる時間・お金を使えばいいということになります。

ブランド物の収集のみに時間・お金を使っている人、ブランドの収集・旅行・料理に時間・お金を使っている人。どちらが多くの人にとって魅力的かというと後者になると思います。

多方面に時間・お金を使って、リスクヘッジして、多くの人に刺さるような時間・お金を使えば結果として多くの人に魅力的だと感じてもらえるはずです。

しかも、多方面に趣味を見つけることで幅が広がるというおまけ付きです。

結び

結局、良好な人間関係を維持するためには時間やお金を使う必要があると思います。

私は無趣味な方なので、気付けば何もしない状態になりまがちです。なので、できる限りお金・時間を使って人としての魅力を上げていきたいと思います。

それでは、また!


 

このブログでは他にもエッセイを書いています。もし、このエッセイが気に入ってくださったら他のエッセイも見ていただけると嬉しいです。

エッセイ一覧

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました