【仙台市天文台】プラネタリウムが最新機材にリニューアル!

旅の記録

仙台市天文台のプラネタリウムが最新機材「ケイロンⅢ」になりました。ケイロンⅢの詳細やリニューアル記念番組について書きました。

仙台市天文台

仙台市天文台
2008年にリニューアルした仙台市天文台

2008年にリニューアルオープンして15年。まだまだ新しくて綺麗な天文台ですが、2023年にプラネタリウムの機材を最新のものにリニューアルしました。

ケイロン
2022年12月まで使われていたケイロン

元々のケイロンから2世代新しいケイロンⅢになります。2023年6月19日から最新機材でのプラネタリウム番組になりました。

6月18日まではリニューアル記念番組としてケイロンⅢを使った「ステナブル・スペース -仙台の宇宙」プログラムが放映されていました。こちらで最新機材の実力を見てきました。

ステナブル・スペース -仙台の宇宙

ステナブル・スペース -仙台の宇宙(ケイロンⅢの実力)

ケイロンⅢは肉眼で見ることができる6.5等星約9,500個の恒星全てに固有の色を付加して、星の明るさだけでなく色彩までも再現した世界初のプラネタリウムです。

さらに天の川は約1億個の恒星で正確に、美しく自然な星空になるように開発されています。

ケイロンⅢ

実際にケイロンⅢを使った場面を見ましたが、臨場感がすごかったです。

天の川は綺麗で鮮明に写ってそれ以外の天体も細かく色もそれぞれ微妙に違っていました。

ケイロンⅢに関する詳細は以下のリンクからご覧ください。

株式会社五藤光学研究所 ケイロンⅢ

あとがき

これからケイロンⅢを使ったプラネタリウムになるのが楽しみです。今までも仙台市天文台のプラネタリウムは綺麗でしたが、より綺麗になったプラネタリウムをぜひ見に行って見てください。

ブログをご覧いただきありがとうございました!毎日20:00に更新していますので、良かったら明日も見に来てくださいね。

それでは、また!


他にも旅行で良かった場所を記録として書いています。よかったらご覧ください。

good and new ブログ 旅の記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました