bitFlyer 仮想通貨積み立て結果 2022年10月14日現在

資産形成

前回に引き続き、仮想通貨の積み立て結果報告です。

今回は仮想通貨がどのような意図で誕生したのかについても紹介します。

※仮想通貨の購入を勧めるものではありません。

仮想通貨誕生の歴史

最初に誕生した仮想通貨はビットコインです。2008年にサトシ・ナカモトという人物がネット上に公開した論文を元に作られました。

ビットコインが開発されて以降、様々な仮想通貨が開発されました。それぞれで解決したい課題や実現したい社会があり、非常に興味深いものになっています。

ビットコイン

ビットコインイメージ

ビットコインが解決したかった未来は「金融機関の介在なしに、利用者同士が直接的なオンライン決済が可能になる未来」です。

国内の金融機関に送金する場合には数百円から数千円程度の手数料で済みますが、海外の場合は違います。SWIFTというシステムを使って、複数の銀行を経由して送金します。そのため、銀行を跨ぐたびに手数料が上乗せされて、手数料が高くなると共に送金完了の日数が長くなります。

それをビットコインによって個人間で直接取引をすることで手数料の二重払いを防いで、取引日数も短くする狙いで作られました。

現状は、ビットコインの値が安定せず、そのような価値を提供しているとは言い難いですが、今後の成長に期待したいところです。

詳しくはビットコインの公式webサイトに記載されています

ビットコイン公式webサイト

リブラ

facebook写真

Facebook社(現Meta)が発表した仮想通貨プロジェクトです。巨大企業Facebookのプロジェクトで注目されていましたが、各国政府などの強い反対などがありプロジェクト自体が解散してしまったものです。

リブラの最大の特徴としては価格の乱高下が起きにくい仮想通貨であることでした。投機的なものではなく実用的な金融システムとして機能するプロジェクトを目指しました。

目指した世界としては”銀行口座を持たない(持てない)人々にも金融サービスを提供すること”でした。ただ本当の狙いとしては世界の人々が使う金融システムを作ることで莫大な利益になるとこがあったと思われます。

面白いプロジェクトでしたが、残念ながら立ち消えになってしまいました。

積立の結果

取得価額評価額損益
ビットコイン110,00077,100-32,900
イーサリアム110,00078,100-31,900
合計220,000155,200-64,800
2022年10月14日現在
現在値平均取得単価差額
ビットコイン2,800,0004,125,000-1,325,000
イーサリアム194,000273,000-79,000
2022年10月14日現在

所感

この1ヶ月は特に上昇もなく、売るタイミングは全くありませんでした。私の資金量的に追加ができないのでこのまま静観してようと思います。

あるいは全て損切りも考えなくてはいけないかもしれません。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました