bitFlyer 仮想通貨積み立て結果 2022年11月14日現在

資産形成

前回に引き続き、仮想通貨の運用結果の報告です。過去の運用成績は以下で確認できます。ぜひご覧ください。

今月は暴落があったため、そのことについて触れていきたいと思います。

※仮想通貨の購入を勧めるものではありません。

この1ヶ月の動き

2022年11月11日に大手取引所(仮想通貨を売買できる場所)が破産しました。大手取引所が破産すると連鎖的にネガティブなことが起こることが懸念され、結果仮想通貨全体の暴落につながりました。

FTXショック

仮想通貨の大手取引所のFTXが2022年11月11日に破産申請を行いました。FTXは仮想通貨取引所で世界最大級のものでした。そんな大手が破産したことで一部では「仮想通貨業界におけるリーマンショック」と言う人もいます。

そのくらい影響が大きいもので、仮想通貨市場の破綻や連鎖的に多大な影響が懸念されて仮想通貨全体が下落しました。

私が購入しているビットコインはわずか3日間で25%、イーサリアムは30%の暴落になりました。

今後どのような影響があるかは分かりませんが、価格の変動も含めて注意して見ていきたいと思います。

運用結果

2022年8月17日までは積立で毎日購入していました。しかし、合計で22万円積立を行いましたが、仮想通貨のようなハイリスクな資産を購入できるのはこれが限界でした。そのため、積立のあとは少しずつ売買をして最終的な利益を目指しています。

取得価額評価額損益
ビットコイン110,00062,800-47,200
イーサリアム110,00075,300-34,700
合計220,000138,100-81,900
2022年11月14日現在
現在値平均取得単価差額
ビットコイン2,356,0004,125,000-1,769,000
イーサリアム176,000258,000-82,000
2022年11月14日現在

この1ヶ月は上昇局面があったためイーサリアムを233,000円のタイミングで0.1単位売却をしました。その後下落があったため195,000円のタイミングで0.1単位買い戻しを行いました。そのためイーサリアムの取得単価が下がりました。

所感

平均取得単価が下がりましたがまだまだ含み損を抱えています。今は追加の購入をする余裕がないため、上昇のタイミングで売却をして、再び下落したタイミングで買い戻す必要があります。

少しずつ、単価を下げて最終的に利益に持ってこれるように頑張りたいと思います。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました