PCで作った動画をDVDプレーヤーで見れなくて困っている方へ

学び

結婚式のプロフィールムービを作った時にmp4をそのままDVDに焼いて、会場で再生できずに困りました。調べてみるとmp4やmovをそのままDVDに焼くのはNGでした。

同じように困っている方向けに、どのような手順にすれば再生できるのか、難しい理論抜きで解説します。

mp4ファイルやmovファイルをそのままDVDに焼くのはNG!

パソコンで作った動画やダウンロードした動画をDVDに焼いてDVDプレーヤで再生しようとしても再生できないものが多いです。

私の場合、結婚式のプロフィールムービの作成を頼まれて、mp4ファイルをそのままDVDに焼いて持っていって、再生できないと言われて知りました。

結論、DVD Video形式で焼くとDVDプレーヤーで再生することができます

DVD Video形式とは

難しい拡張子やフォルダ構成に関することは理解しなくてもDVDプレーヤで再生できるファイルは作ることができます。そのため、この記事では理論的なことは置いておいて、DVDプレーヤーで再生できるようになる必要最低限のものだけを書きます。

最終目標

DVD Video形式にするためには画像のようなフォルダ構成にする必要があります。一つ一つのフォルダを自分で作る必要はないので理解する必要はありませんが、ファイルを変換した後にこのフォルダ構成になっていれば成功です。

mp4などのファイルをDVDプレーヤで再生できるようにする手順

大きく分けると2stepで完了です

step1)mp4ファイルをDVD Video形式に変換する

ファイルの変換ソフトを使います。mp4やmov形式の物をDVD Video形式に変換します。具体的なソフトを使った解説は後述します。

step2)変換後のDVD Video形式のファイルをDVDに書き込む

step1で変換した物をDVDに書き込みます。書き込みが終わったDVDのフォルダ構成を確認して、上の画像の様になっていればOKです。

あとは、DVDを再生して音ズレやカクツキがないことを確認すれば完璧です。

Mac OS で Burnを使った手順

Burnは無料のDVD・CD作成ツールです。ファイル変換機能もついているため、これ一つで完結します。

Burn ダウンロードサイト

今回はmac版だけ解説します。windowsの方も設定などは参考になると思います。

step1

画像のようにBurnを開いて各種全体的な設定をします。

DVDの名前や変換する映像ファイルの名前はアルファベット指定が無難です。プログラマーとして仕事をしていると名前を日本語で設定すると起こるバグに遭遇することがあります。そのため英語が無難です。

次に映像ファイルの設定を行います。必要な箇所にチェックを行います。

これらの設定が終わったら、左したの+ボタンを押してファイルを指定します。画像のようなポップアップが出たらconvertを押してファイルの変換を待ちます。

step2

ファイルの変換が終わったらこのような画面になるので、右下のBurnボタンをクリックします。

Burnを押すとポップアップが出るので、再度Burnを押すとDVDに書き込まれます。

あとがき

エンジニアの仕事をしていますが、DVDに関しては触ったことがなかったので今回はいい勉強になりました。

今回はmac版のアプリと画面で解説を行いましたがwindowsに関してもアプリは違いますが、同じような設定と同じような手順になります。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました