[食レポ]フリーズドライでカツ丼!?衝撃の保存食

日記

アマノフーズから数量限定でフリーズドライのカツ丼の素が売られていました。一つ650円弱しますが、面白そうだったので購入して食べてみました。作る際の注意点、食レポを書いています。

アマノフーズ「フリーズドライの匠 かつ丼の素」

10月13日から数量限定で販売されました。

11月1日からも追加で販売されています。執筆時点ではまだ在庫があり、販売されているみたいですので気になった方はまだ間に合うかもしれません。

アマノフーズオンラインショップ-カツ丼の素

体験レポ

商品を開けて、中身を器に移すとうっすらカツ丼の匂いがしました。この段階ではフリーズドライの味噌汁と同じような見た目でカツがどこにあるかわかりません。

120mlの熱湯を満遍なくかけるとカツらしき物体が浮かび上がります。カツ丼の匂いも若干強くなってきました。

カツを一つ一つ離していくと同時に卵も解けていってカツ丼の見た目に近づいていきます。

丼にご飯を盛って、準備完了です。

完成した具材をご飯の上にかければ見た目も香りも完璧なカツ丼が完成しました。

食レポ

まず初めに卵部分を食べてみると、ふわふわでトロトロ、フリーズドライ感は全くない完全なカツ丼でした。

次にメインのカツ。原材料を調べてみると実際の豚肉が使われていました。カツが4つ入っていましたが、その内半分がシャリシャリとした食感になってしまいました。。。

おそらく、水分の吸収が足りなかったんだと思います。お湯をかけた際の器が広過ぎると水が分散されてしまってカツに十分水分が届きませんでした。

水分を十分吸ったカツは、フリーズドライを感じないカツ丼そのものでした。

全体的な感想としては美味しいですが、”フリーズドライにしては”という注釈付きです。普通に作ったカツ丼を超えるものではありませんでした。ただ、面白さはあったと思います。

あとがき

価格は3つで1,900円(税込)でした。なので送料を加味しないで1つ650円弱ということになります。味だけみると価格に見合わないかなと思いますが、珍しさや話題性などを加味すれば買って損ではないかなと思います。

あと、フリーズドライなので賞味期限は長いです。そのため豪華な非常食としての用途もあります。(熱湯が必要なので難しいかもしれませんが。。。)

これからも面白いお取り寄せなどがあれば紹介したいと思います。

それでは、また!

過去にお取り寄せをしてよかったものはこちらから

[食レポ]三陸の名物、瓶ドンがめちゃ美味しい

コメント

タイトルとURLをコピーしました