新幹線から富士山を見る!座席や時間・撮影の注意点を解説

旅の記録

熱海・静岡の区間、新幹線に乗ると席から富士山が見える時があります。見える座席や区間、写真撮影の注意点を書きました。

東海道新幹線で富士山を見る

見える座席

上り、下り共にE席(窓側)から富士山が見れます。

A席も窓側ですが、どちら方向に向かう新幹線も海側ですので富士山は見れません。

これは新幹線がUターンせずに、ただ座席の向きを変更して走っているためどちらも同じE席になります。

そして、富士山が見える区間はE席から埋まっていくので、早めの予約が必須。もし、座席が埋まっている場合は、自由席やデッキを使っても見ることができます。

実際の写真

別日ではありますが、運良く上下線どちらも富士山が見れる機会があったので、写真を撮りました。

青天でないと富士山は綺麗に見えません。少しでも曇っていたり、ガスっていたりして視界が悪いと見えなくなってしまいます。

季節にもよるでしょうが、感覚的には20〜30%くらいの確率で見える感じだと思います。そしてくっきり富士山が見れるのは2〜3分ほどです。

下り

新幹線下り 富士山1

東京から、名古屋・九州方面へ行く新幹線では熱海からトンネルの多い区間を超えて新富士駅に近づくと富士山が綺麗に見えてきます。

新幹線下り 富士山2

場所によっては静岡っぽいお茶らしき畑と富士山のコラボレーションが見れます。

ただし、下りは防音壁など障害物が多いため上りの方が綺麗に撮れます。

上り

新幹線上り 富士山

上りの場合は静岡駅を過ぎたあたりから富士山が見え始めます。

上り線は防音壁など障害物が下り線に比べて少ないため、より綺麗に写真が撮れます。

写真撮影の注意点

障害物は建物や防音壁以外にも電柱があります。電柱は非常に厄介で数十メートルに1本立っています。

電柱が映らないシャッターのタイミングを計ることは難しいので富士山に電柱が被ってしまうことがしばしば起こります。

そのため、いい風景の時はある程度連写をすることで電柱が映らない写真ができるので初めての方は連写がおすすめです。

あとがき

富士山は春・秋・冬には山頂に雪が積もっていてより綺麗に見えます。冬は空気が澄んで、よりくっきり見えるので新幹線に乗った際は是非E席を予約してみてください。

ブログをご覧いただきありがとうございました!毎日20:00に更新していますので、良かったら明日も見に来てくださいね。

それでは、また!


他にも旅行で良かった場所を記録として書いています。よかったらご覧ください。

good and new ブログ 旅の記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました