[お取り寄せ]麺屋極鶏の「鶏だくラーメン」の超濃厚鶏白湯

日記

「バナナマンのせっかくグルメ」でも紹介されたことのある麺屋極鶏の「鶏だくラーメン」をお取り寄せしました。食べた感想や価格、店舗情報などをまとめました。

麺屋 極鶏(ごっけい)

京都の超人気ラーメン店です。食べログの京都市ラーメン人気ランキングでも1位のお店です。(2022年12月現在)そんな極鶏はオンラインショップでも食べれるということでお取り寄せして食べてみました。

極鶏のお取り寄せはこちらから

ラーメンの特徴

お店の名前からも分かるとおり、極限まで鶏にこだわったスープが特徴です。後の食レポのところでも紹介しますが、スープが半固形で「食べるスープ」とも言われています。どうやら半固形すぎてレンゲが直立するみたいです。(後で試してみます!)

取り寄せレポ

今回は通常のラーメンに加えて、唐辛子をトッピングしたものと秋刀魚の粉末をトッピングしたもの、そしてメンマとチャーシューを購入しました。(商品については後ほど)

届いたものがこちら。冷凍で届きます。賞味期限は冷凍で30日ですが、徐々に味が落ちるため早めに食べた方がいいとの注意書きがありました。

鶏だくラーメン 届いた商品
唐辛子と秋刀魚の粉末は写っていません

早速作って行きます。

ラーメンの完成品がこちら。チャーシューとメンマは購入したもので、ネギと海苔は自分でトッピングしました。

鶏だくラーメン 完成品

レンゲが直角に立つとのことだったので試してみました。

鶏だくラーメン レンゲが直立

ちゃんと直角にブッ刺さってます。。。

鶏だくラーメン インサート

麺を持ち上げてみるとトロトロのスープが麺に絡まるとかそーゆー次元じゃない。スープを纏った麺を食べている感じです。

まさに食べるスープ。味は思ったより濃くはなく、くどくないです。

味は豚骨よりではあるが食べたことのない味でした。塩、醤油、味噌どれにも属さない新感覚ラーメンです。

鶏だくラーメン 赤だくラーメン

次に唐辛子粉をかけて食べてみます。本来は唐辛子粉を全てかけて皿を埋め尽くしますが、今回は家族で粉を分けていろんな味を食べてみました。(鶏のスープは全て同じものです)

赤だくラーメン イメージ

見た目ほど辛くはなかったです。食べると唐辛子のいい匂いが追加されます。私的にはこれが一番お気に入りでした。

鶏だくラーメン 秋刀魚だくラーメン

次に秋刀魚です。少し先ほどの唐辛子が残ってしまっていますがご愛嬌。

粉自体にあまり味はないですが、かけると香りがプラスされる。鰹節の香りを一緒に食べている感じです。

商品

鶏だくラーメン オンラインショップ
オンラインショップ引用)https://gokkei.shopselect.net/

トッピング
自家製チャーシュー + 自家製メンマ ¥180
大人気の自家製メンマ ¥180

ラーメン
鶏だくラーメン ¥950
赤だくラーメン ¥1000
煮干だくラーメン ¥1050
海老だくラーメン ¥1100
秋刀魚だくラーメン ¥1050
黄だくラーメン(超濃厚カレー) ¥1100 (上記写真には写っていません)

送料

鶏だくラーメン 送料
オンラインショップ引用)https://gokkei.shopselect.net/

送料は若干高めです。

作り方

商品と一緒に作り方や注意書きが入っています。

鶏だくラーメン 作り方
極鶏ラーメン 作り方

あとがき

超濃厚ラーメンを自宅で気軽に食べれるのが新しかったです。チャーシューやメンマも取り寄せられるのでお店に近い形で食べれるのがいいですね!

それでは、また!


このブログでは様々なお取り寄せを紹介しています。よかったらそちらもご覧ください。

good and newブログ お取り寄せ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました