【GPIF】年金を株式・債権で運用して損してるって本当??

資産形成

よく年金の運用損〇〇兆円や年金運用連続で赤字などネガティブなニュースを目にします。どの程度運用損を出しているか、長い目で見るとどれくらいの運用成績になっているかを調べました。

年金に関するニュース

最近は様々なニュースが老後の資金不安を増大させている気がします。例えば

  • 年金支給開始年齢の引き上げ
  • 老後2000万円問題
  • 年金運用損、過去最悪

などなどです。特に年金運用損に関する記事は定期的に新聞の一面にもなります。最近では以下のような記事がありました。

大体四半期(3ヶ月間)の運用成績だったり、1年の短期スパンでの記事が多いので長期的にはどうなのかを調べてみました。

年金の運用ファンドは超優良ファンドだった

運用成績に関しては年金の運用を行なっている年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)のwebサイトによって公開されています。運用開始時期は2001年度で現在まで20年を超える期間運用されています。

そのwebサイトによると年金の運用成績は以下の通りになっています。

このグラフを見ると多くの期間で実はプラス成績なことがわかります。そして、累計の収益額は100兆円で非常に大きな額の利益を上げていることがわかります。

年金運用 ニュースになる期間

ニュースになるのは大きな運用損が出た時や連続して運用損になった時で、そのような期間はあまりないことがわかります。

年金はどんな資産で運用している??

年金は日本国内の株式と債券、海外の株式と債券を約25%ずつ保有して運用しています。

年金運用 資産割合

債券と株式、国内と国外でバランスよく運用されています。この運用方法で20年を超える期間、年利率3%超で運用を行なっています。

運用方法に関しては別記事で詳しく解説しています。よければそちらもご覧ください。

あとがき

年金の運用に関しては確かに四半期や短期ベースでは損を出しているので記事は間違っていません。しかし、長期的にどのような成績になっているかを知らない人にとっては「年金がもらえなくなるんじゃないか?」とは「運用はやめた方がいいんじゃないの?」などネガティブな感情になる気がしています。

そのようにならないためにも、大きな運用益になった時や連続して運用益になった時にも新聞の一面に書いたり、ニュースにしてほしいものです。

当ブログをご覧いただきありがとうございました!毎日20:00に更新していますので、良かったら明日も見に来てくださいね。

それでは、また!


このブログでは資産形成に役立つ情報も書いています。良かったらこちらもご覧ください。

good and new ブログ 資産形成の記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました