姫島上陸。食料品を買う場所、人口、飲食店の数は?アクセスは?伊美港の駐車場は?

旅アイキャッチ旅の記録

仕事の関係で大分県にある人口2千人程の島の姫島に来ています。島の大きさは1周車で40分ほどで回れます。(東西7km、南北4kmの横長の島です)

姫島あれこれ

名産

姫島の名産は車海老のようです。車海老は島周辺で獲れる天然のものと、姫島にある養殖場で養殖しているものがあるようです。姫島各地に車海老の養殖場があちこちにあります。

車海老養殖場
車海老の養殖場

人口

人口は2000人ほどで基幹産業は水産業です。

島には信号機が一つしかなく、その信号機も必要はないですが、信号の練習として設置されているそうです。

島唯一の信号機
島唯一の信号機

飲食店

姫島には飲食店が5店舗とパン屋が1店舗(火、木、土の営業)があります。今回の滞在で全て周りたいです。飲食店の感想に関しては別の記事に書こうと思います。

日用品・食料品

日用品や食料品が購入できるお店は2店舗あります。ショッピングセンターはなたでは肉や魚、お酒まで品揃え豊富です。営業時間は午前9時から午後6時までなのです。午後6時を逃すとコンビニもないので食べ物や飲み物を購入することができなくなるので注意が必要です。

ショッピングセンターはなた
ショッピングセンターはなた

ITアイランド構想

姫島ではIT企業・人材を県外から呼び込んで、ITによる地域課題解決や、新たな雇用の場と活力の創造を目指す「姫島ITアイランド構想」の取り組みを行っています。

現在までに3つの企業や団体が姫島に進出しているようです。

姫島ITアイランドのHPも用意されていて、リモートワーク環境の充実などさまざまな取り組みをおこなっているようです。

アクセス

福岡の博多から約3時間半ほどかかりました。博多駅から宇佐駅まで電車で1時間半。宇佐駅から伊美港までバスで1時間。伊美港から姫島港までフェリーで20分で乗り継ぎなどで3時間半ほどです。

フェリー
フェリーも大きくて揺れも少ない

フェリーは1日24回(往復合計)運行していて大体1時間に1本のペースで運行しています。

宇佐駅から伊美港までのバスは1日に6〜7回しか運行していないみたいなので、公共交通機関で移動する場合には注意が必要です。

伊美港の駐車場

伊美港には駐車場があります。村の外からくる方向けに無料の駐車場がありましたので、長期滞在でも安心して駐車してられます。また、フェリーに車を乗せていくこともできます。

伊美港駐車場
無料駐車場も充実

JR九州でお得にチケットを取る方法

通常、博多駅から宇佐駅まで電車のチケットは指定席で5,390円かかりますが、JR九州のサイトからチケットを予約する3,150円で取ることができます。ネットで予約するだけで2,240円お得になります。しかも、ネットで座席指定ができます。
JR九州を利用する機会があればおすすめです!

姫島観光・飲食店の感想は後日書きたいと思います。
それでは皆さん、良い島民ライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました