ふるさと納税のすすめ(どんな制度?やり方は?何がお得なの??)

資産運用アイキャッチ資産形成

今年、初めてふるさと納税をやってみようと思います。前職が税理士法人勤務でしたので、制度は理解していましたが、少し面倒臭がってやっていませんでした。実務的なことを調べてまとめました。

ふるさと納税制度とは

非常に簡単にまとめると「自治体に寄付することで実質2,000円で名産品などお礼の品がもらえるお得な制度」です。

ふるさと納税イラスト

実質2,000円とは、税金の還付・控除によるもので、所得税と住民税で調整されます。

複雑な内容はさておき、考慮しなくてはいけないものは限度額と手続きのみです。

限度額

「ふるさと納税 限度額」と検索すれば様々なサイトがあります。そのサイトに自身の状況を入力すると限度額の目安がわかります。

限度額算定サイト

注意点としては、寄付をした年の収入の情報が必要なことです。例えば、年の途中で退職をして収入がない時期があると想定していた寄付の限度額よりも実際の限度額が低くなってしまう場合があります。

退職のイラスト

限度額よりも寄付をしてもお礼の品は送られてきますが、税金の控除や還付は限度額までしか行われず、実質の負担額が2,000円よりも増えてしまいます

そうなりたくない場合には、年の終盤で寄付をおこなったり、サイトの限度額から少し余裕を持たせて寄付を行うなど工夫が必要です。

必要な手続き

ふるさと納税を実質負担2,000円で行うためにはワンストップ特例を利用することが多いみたいです。

※確定申告の方法もありますが、確定申告をする人の割合が少ないため省略します。

ワンストップを利用する場合には寄付を行う際にワンストップ特例制度の利用を選択して、寄付を行います。そして、寄付をおこなった自治体に書類を提出をすることで確定申告なしで税金の還付・控除を受けられます

簡単手続きのイラスト

※確定申告をする場合ワンストップ提出済みのものも含めて全寄付分の控除申請をする必要があります。

やりたいサイト

私は楽天ふるさと納税でやろうと思います。

「楽天ふるさと納税✖️楽天カード」の組み合わせでクレカのポイントを貯めつつ、ふるさと納税のお礼の品もいただけるためです。

私の場合、楽天でふるさと納税をするとポイントの還元率が3%なので4万ふるさと納税を行うと1,200円分のポイントが貰えます。

実質負担2,000円 – ポイント還元1,200円で実質800円でお礼の品をもらえることになってさらにお得です。

ポイントが嬉しいイラスト

お礼の品

お礼の品には地域の和牛や海鮮品、果物などの食料品やティッシュやトイレットペーパーなどの日用品、旅行券などに至るまで豊富な種類から選ぶことができます。

私は最近ハマっているクラフトコーラをやってみようと思います

ふるさと納税の先輩方、お礼の品で良かったものがあったらぜひ教えてください!

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました