[実験]飛行機の中では味が薄く感じる?

飛行機日記

飛行機の中では味が薄く感じると聞いたことがあります。

飛行機に乗る機会があったので実際に実験してみました。

博多華味鳥監修 チキンカツサンド タルタル南蛮

今回は福岡空港で販売されている「博多華味鳥監修 チキンカツサンド タルタル南蛮 750円」で実験してみました。

博多華味鳥監修 チキンカツサンド タルタル南蛮
博多華味鳥監修 チキンカツサンド タルタル南蛮 750円

これを選んだのは

  • 一つ一つ小分けで食べれるから
  • チキン南蛮が宮崎の名物だったから(ソースとの2択でした)
  • 単純に美味しそうだったから

ぐらいの理由でした。

飛行機の搭乗口で2つ

本当は搭乗口で1つ、飛行機が飛び立った後すぐに1つ、高度が上がりきった時に1つの予定でしたが、お腹が減っていて搭乗口で2つ食べてしまいました

感想としては

ん〜普通に美味しい(でもソースの方が好きかな)」

まぁ、これはいつ食べても同じでしょう。

高度が上がりきったところで1つ

ここで実物の写真を撮っていないことに気付き、慌てて撮りました。

結論は、、、

「ん〜変わらない。。。むしろ若干味が濃くなってる????笑」

舌バカが露呈した感じになりました

なぜ、飛行機では味が薄く感じるのか?

私の中では味が変わらない(むしろ若干濃くなってる)と感じたので、一般的になぜ飛行機で味が薄く感じるかを調べました。

気圧の関係

機内の気圧は0.8気圧程度にコントロールされていて、0.8気圧の世界では人間の味覚は塩味が20〜30%、甘味が15〜20%低下すると言われているようです。

今回も、高度が上がった状態で食べたので、塩味と甘味は低下した状態だったと考えられます。これは言い逃れできないですね。。

湿度の関係

機内の湿度は15%以下になり乾燥により鼻の粘膜がうまく働かずに味が薄く感じることがあるようです。

こちらは食べる前までマスクをしていたので今回は当てはまらないかもしれません。

騒音の関係

人間は食事をするときに五感を全てフル活用しているそうです。食べ物を噛む音が機内のエンジン音でかき消されることで味も薄く感じることがあるみたいです。

チキンカツサンドの場合は噛む音があまりないので、こちらも今回は関係ないのかもしれません(ちょっと無理矢理感がありますが。。)

酔い?

これは私の勝手な推測ですが、乗り物酔いは味を濃く感じさせるのではないかと思います。

乗り物酔いをしていると匂いや光に敏感になることがあります。そのため味覚にも敏感になるのではないかとの推理です(自分の味覚を正当化しようとしています。。)

総評

気圧、乾燥、騒音で今回影響がありそうなのは気圧だけでした。そして、若干の乗り物酔いで味が濃く感じで、全体として味が濃く感じたのではないかと推測します。(舌バカとは言わせません!!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました