税率が上がると手取りが減る?所得税の勘違いを解説

資産形成

累進課税という言葉を聞いたことがあると思います。所得税の計算方法の際によく出てくるこの言葉ですがよく勘違いされています。所得が高いほど税率が高くなる仕組みですが、税率が上がるタイミングで手取りが減ることはありません。その理由を解説します。

所得税の税率

所得税の税率は表のようになっています。

課税される所得金額税率
1,000円 から 1,949,000円まで5%
1,950,000円 から 3,299,000円まで10%
3,300,000円 から 6,949,000円まで20%
6,950,000円 から 8,999,000円まで23%
9,000,000円 から 17,999,000円まで33%
18,000,000円 から 39,999,000円まで40%
40,000,000円 以上45%

この表を見ると、税率が上がる境目では取られる税金が多くなってしまい、手取りが減ってしまうのではないかと疑問に思う方もいると思います。

例えば、所得が1,949,000円(税率5%)の人と1,950,000円(税率10%)では1,949,000円の人の方が手取りが多くなりそう。ということです。

ただ、実際はそうはならず、1,950,000円(税率10%)の方が税金が低くなります。

所得税の計算方法

所得税の計算方法は正確には超過累進課税です。超過がつくことが大切です。

例えば所得が500万円の人の所得税の計算方法はこのようになります。

所得税の超過累進課税での計算方法

つまり、表の1,000円 から 1,949,000円まで5%というのは、「所得がどんなに多い人でも1,000円〜1,949,000円の部分には5%の税率を適用する」という意味になります。

そのため、例えば所得が1,960,000の人は1,949,000円部分には5%の税率が適用されて、10,000円(1,950,000円から頭が出た10,000円分)には10%の税率が適用されるということになります。

国税庁の表の意味

国税庁のwebサイトを見ると所得税の税率は以下のように記述されています。

課税される所得金額税率控除額
1,000円 から 1,949,000円まで5%0円
1,950,000円 から 3,299,000円まで10%97,500円
3,300,000円 から 6,949,000円まで20%427,500円
6,950,000円 から 8,999,000円まで23%636,000円
9,000,000円 から 17,999,000円まで33%1,536,000円
18,000,000円 から 39,999,000円まで40%2,796,000円
40,000,000円 以上45%4,796,000円
国税庁のwebサイトより引用:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm

この表を用いれば、先ほどのように複数回に計算を分けなくても簡単に所得税額が算出できます。

例えば500万円の人はこのように計算できます。

所得税の速算表を使った計算方法

この計算式で計算自体はできますが、超過累進課税の考え方は先に記述した通りです。

この超過累進課税方式は所得税の他に相続税や贈与税においても適用されています。

税金のちょっと勘違いが多い話でした。

あとがき

老後の資産をコツコツ作るためには様々な制度を理解していた方が有利です。今回の様に年収が上がっても所得税で損をすることはないことを理解していれば、迷わず年収を上げられるかもしれません。

これからも資産形成に大事な制度や方法などを紹介していきたいと思います。

資産形成に関する記事はこちらから

資産形成ブログ一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました