投資信託の成績公開(2022年11月5日現在)

資産形成

将来の金銭的な負担を少しでも軽減させるために投資信託を毎月積み立てて安定的な資産形成を目指しています。

毎月投資信託(全世界株式インデックス・ファンド)の成績を公開していきますので、少しでも参考になれば幸いです。

※購入しているファンドや投資信託の購入を勧めるものではありません。リーマンショックやコロナなどで購入している商品の価値が半減することもありますので購入はあくまで自己責任でお願いいたします。

2022年10月のトピック

2022年10月に投資信託の成績に大きく影響しそうな箇所は大きく2つです。

為替介入

為替の板

2022年9月29日〜10月27日までに6.3兆円の為替介入がありました。今回の為替介入は行き過ぎた円安を止めるためのものであるため、全世界株式の投資信託だけを見るとマイナス要因になります。一方で、円安になると輸入品が高くなって生活が厳しくなります。

そのため、為替介入は投資信託的にはマイナス、日常生活にはプラスの影響があります。

為替介入の結果、10月の月初の144円台から一時は150円台まで値上がりして月末には147円台に落ち着いています。

アメリカ株式の上昇

チャート

今年のアメリカ株は年初から下落が続いていました。しかし、10月はダウ平均(アメリカを代表する株式指標)が14%上昇しました。これはFRBの利上げが縮小するのではないかとの観測によるものとされています。

ただ、依然として利上げのペースは早く、景気の影響も気になるところです。過度な利上げによって景気後退になれば株価も下落すると予想されます。

短期的な売買に関しては、利上げと景気の動向を注視しなくてはいけません。

積立履歴等

履歴や金額は以下の通りです

積立履歴2021年5月〜
積立金額50,000円
積立回数18回
銘柄全世界株式インデックス・ファンド
1度残高不足のために失敗。3回積立金額45,000を含む。

※購入しているものはFTSE グローバル・オールキャップ・インデックスと同じ運用成績を目指しているものになります。

FTSE グローバル・オールキャップ・インデックスとは

現在の評価損益

現在の評価損益は以下の通りです。

積立総額885,000
評価額939,412
損益+54,412(+6.15%)

現在は+54,412と若干のプラスになっています。10月5日時点では+0.32%だったため約6%ほど上昇しました。

5万円プラスだと少し嬉しい気持ちもありますが、今はグッと我慢して積立を継続していきたいと思います。

所感

10月は全体的に株価が上昇しているため評価額も良くなっています。ただ、全世界の景気後退が近づいているとの見方もあり、我慢の時期な気がします。

※投資調査会社のネッド・デイビス・リサーチによれば世界的な景気後退が起こる確率は98%としています。

ただ、積立は何も考えずにコツコツと積立ていく方が結果が出やすいためこれからも我慢しながら続けていきたいと思います。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました