投資信託の成績公開(2022年9月5日現在)

資産運用アイキャッチ資産形成

将来の金銭的な負担を少しでも軽減させるために投資信託を毎月積み立てて安定的な資産形成を目指しています。

毎月投資信託(全世界株式インデックス・ファンド)の成績を公開していきますので、少しでも参考になれば幸いです。

買付日の関係で毎月5日もしくは10日に公開していこうと思います。

※購入しているファンドや投資信託の購入を勧めるものではありません。リーマンショックやコロナなどで購入している商品の価値が半減することもありますので購入はあくまで自己責任でお願いいたします。

直近1ヶ月のトピック

私的直近1ヶ月のトピックは大きく2つです。

8月26日

8月26日にFRBのパウエル議長が講演で「(インフレ抑制を)やり遂げるまで(引き締めを)やり続けなければならない」旨の発言がありました。この発言によって株安と円安が進みました。

日本で全世界株式の投資信託を購入する場合、株安(評価損要因)と円安(評価益要因)の引っ張り合いで、お互いに相殺する形になりました。

円安

8月1日時点では1ドル131円台でしたが9月1日時点で1ドル140円台まで円安が進みました。相変わらず円安の状況が続いていますが、今後はどうなるかなかなか読めませんね。アメリカのインフレとかコロナの状況とか、日銀総裁の後任人事とか。。。

予想しても意味がないので、短期的な変動は考慮せずに愚直な積立を続けていくしかないような気がしています

積立履歴等

積立履歴や金額は以下の通りです

積立履歴2021年5月〜
積立金額50,000円
積立回数16回
銘柄全世界株式インデックス・ファンド
1度残高不足のために失敗。3回積立金額45,000を含む。

※購入しているものはFTSE グローバル・オールキャップ・インデックスと同じ運用成績を目指しているものになります。

FTSE グローバル・オールキャップ・インデックスとは

現在の評価損益

現在の評価損益は以下の通りです。

積立総額785,000
評価額819,216
損益+34,216(+4.36%)

現在は+34,216と若干のプラスになっています。積立期間全体の株価は下落傾向ですが、円安の影響で若干のプラスになっている感じです。

所感

現在積立を行なって1年ちょっとになりました。1年くらいだと結果が出づらいのでこれからもコツコツ積立を行なっていきたいと思います。

全世界株式投資信託の主なリスク要因は株価の変動リスクと為替変動リスクですが、最近はお互いに相殺しあって大きな値動きにはなっていません。

数万円の利益は出ていますが、長期的に見るとまだまだ小さいと思うため、コツコツ積立を続けていきます。(約10年ほどは積立を継続する見込みです

※全世界株式を購入していますが、構成割合の60%がアメリカが占めているため、アメリカの動向のみをチェックしています。他の国や地域の株価に関しては大きなトピックがあれば確認する程度で進めています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました