【全世界株式】投資信託の成績公開(2023年4月30日時点)

資産形成

将来の金銭的な負担を少しでも軽減させるために投資信託を毎月積み立てて安定的な資産形成を目指しています。

毎月投資信託(全世界株式インデックス・ファンド)の成績を公開していきますので、少しでも参考になれば幸いです。

過去の投資信託の成績に関してはこちらから

good and new ブログ 投資信託

※購入しているファンドや投資信託の購入を勧めるものではありません。リーマンショックやコロナなどで購入している商品の価値が半減することもありますので購入はあくまで自己責任でお願いいたします。

2023年4月の株価の値動き

4月は世界的に株価は小幅に上昇しました。日本、アメリカ、全世界をそれぞれ比較したグラフは以下の通りです。

2023年4月株価指標比較
google financeより

月初に日経平均株価が大きく下落しているのはアメリカで発表された経済指標が相次いで低調だったため、日本の景気の先行き懸念が強まり売り注文が優勢になりました。

その後、米国景気の不安が和らいだり、日本の金融緩和継続が発表されたりと株価にとってポジティブなニュースが続き最終的に2%ほど上昇しています。

全世界株、アメリカ株ともに上昇していますが、日本の上昇幅が大きくなっています。これは日銀による金融緩和継続による円安に伴って株価が上昇した分上昇幅が大きくなっていると思われます。

年初来

年初来から比較したグラフは以下の通りです。

2023年年初来株価指数比較
google financeより

2023年は引き続きアメリカの株価指数と比べて日経平均株価が健闘しています。

日経平均が健闘している理由としては為替の影響もあると思われます。ドル円相場は年初に130円だったのが4月末には136円と円安が進みました。

その影響で輸出関連の銘柄が上昇したりと株価が上がっている影響もあります。

※グラフの比較方法についてはこちらで書いています。もしよかったらご覧ください

積立履歴等

履歴や金額は以下の通りです

積立履歴2021年5月〜
積立金額50,000円
積立回数23回
銘柄全世界株式インデックス・ファンド
1度残高不足のために失敗。3回積立金額45,000を含む。

※購入しているものはFTSE グローバル・オールキャップ・インデックスと同じ運用成績を目指しているものになります。

FTSE グローバル・オールキャップ・インデックスとは

現在の評価損益

現在の評価損益は以下の通りです。

積立総額1,135,000
評価額1,207,678
損益+72,678(+6.4%)

ここまでのプラス幅になったのは初かもしれません。これも為替の影響が大きく4月の1ヶ月で2%ほど円安が進みました。

その影響で、株価は横ばいでしたが評価益が増加した形になりました。

所感

5月1日にはアメリカのファースト・リパブリック・バンクが経営破綻しました。規模はシリコンバレーバンクを上回り史上2番目の規模です。

相変わらずこれから株価がどうなるかは全く読めない状況が続きますが、暴落をしても「安く買える」と考えを転換させて買い続けたいと思います。

当ブログをご覧いただきありがとうございました!毎日20:00に更新していますので、良かったら明日も見に来てくださいね。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました