IPOチャレンジポイントで複数当選! ポイント数、利益など

資産形成

SBI証券のIPOチャレンジポイントを使って複数当選しました。複数当選だからこそ取れる戦略やポイント数、利益額について書いています。

SBI証券のIPOチャレンジポイント

IPOに参入する人が増えたためIPOチャレンジポイントでの複数当選は無くなったとの噂もありました。しかし、今回IPOチャレンジポイントを使って300株当選しました。

SBI証券のIPOチャレンジポイントについては別記事で解説しています。

GENOVA

今回当選したのがGENOVAです。株数などの条件は以下の通りです。

株数:3,503,900株
主幹事:SBI証券

主幹事がSBI証券で株数が多く、当選本数が多いため、比較的当たりやすい部類に入りました。また、値上がり予想に関しても「小幅な値上がり」を予想しているサイトが多かったです。そのため、

  1. SBI証券が主幹事。
  2. 当選株数が多数。
  3. 大きな値上がりは期待できないため、チャレンジポイントを使った人が少なかったと予想される。

この3つが重なって複数当選になったのだと思います。

使用ポイント

SBI証券 IPO購入画面

今回使ったポイントは329ポイントです。持っている全てのポイントを使いました。

売却までの流れ

上場当日、需給の板を見ると初値が発行価格割れすることが予想されたため、初値で売却を行いませんでした。

そして、300株持っていたので3回に分けて売却を行いました。

GENOVA 上場日の値動き

当日の値動きはこんな感じです。午前中に高値をつけて、最終的には1,737円に落ち着いています。

初値:1,760円
高値:1,996円
安値:1,705円

1回目の売却

最初の100株は発行価格の1,800を少し超えたタイミングで売却しました。1,816円での売却になりました。

まずは損失を出さないように利益を狙わず売却しています。

2回目の売却

その後、値上がり傾向だったため1,950円の指値で売却を試みました。それと同時に1,863円で売却も同時に行っています。

3回目の売却

3回目の売却は1,950円の指値を取り消して1,841円でした。9時15分を過ぎたあたりから取引数が著しく減って、値下がりし始めたのでここからの値上がりは限定的と予想したためです。

結果的に予想は外れて1,996円まで値上がりしました。

GENOVA 売却・注文履歴

売却結果

3回に分けて売却した結果、12,000円の利益になりますた。IPOにしては寂しい結果です。

あとがき

複数当選はIPOチャレンジポイントの申し込みが限定的で、かつ当選口数が多い場合のみなのかもしれません。もしそうだとすると「複数当選=利益はほとんど見込めない」となるのであまり嬉しいものではないのかもしれません。

小幅な値上がりでもその程度を見極められる目があればこのような失敗はないのかもしれませんが私にその目はありませんでした。

IPOチャレンジポイントを使う際は慎重に!

当ブログをご覧いただきありがとうございました!毎日20:00に更新していますので、良かったら明日も見に来てくださいね。

それでは、また!

IPOに関してはこちらの記事も書いています。よかったらご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました