【江ノ島岩屋】江ノ島観光で絶対に外せない神秘的スポット

旅の記録

江ノ島の奥にある岩屋は古くは弘法大師(空海)や日蓮上人も修行したとされる歴史あるスポットです。波によって侵食された洞窟は雄大で神秘的な雰囲気を醸し出していました。

江ノ島 岩屋

江ノ島

江ノ島は食べ歩きや江ノ島シーキャンドル(展望灯台)などが有名ですが、少し奥にいくと岩屋という洞窟があります。

洞窟は波の侵食によって形成され、古くは仏教の礼拝に使用されていました。雄大で神秘的な洞窟なので江ノ島に行った際には是非行って欲しいスポットです。

行き方

洞窟へは江の島シーキャンドル(展望灯台)から歩いて10分ほどのところにあります。

江ノ島岩屋 場所

展望灯台が江ノ島の山頂的な場所で、岩屋は海辺にあるので展望灯台からは下山、帰りは若干の上りになります。

岩屋の観光レポ

岩屋は二つの洞窟があります。第一岩屋は全長152m、第二岩屋は全長56mで龍神伝説の地と言われています。

第一岩屋

岩屋の入口は断崖絶壁の横を通ります。岩屋は古くは弘法大師(空海)が修行した場所とされています。1000年以上前の人がこんなところにどうやって辿りついて、修行をしていたかと思うとなかなか感慨深いものがあります。

岩屋 断崖絶壁

現代では幸いなことにしっかり整備された橋と階段が用意されているので行くのは簡単です。現代に生まれてよかった〜〜。

岩屋 入口

受付を済ませて、実際に洞窟に入ってみると。かなりワクワクする雰囲気です。ディズニーのセンターオブジアースみたいな感じを現実世界に持ってきた感じです。

第一岩屋 雰囲気

洞窟では灯籠が無料でレンタルでき、それをあかりに洞窟を進んでいきます。これがまた雰囲気が良くてちょっと昔にタイムスリップした感じを味わえます。

第一岩屋 灯籠

そして、一番奥にいくと江島神社の発祥の場所にたどり着きます。

江島神社の発祥の場所

ここで歴史の偉人達が修行をしていたと思うと感慨深いものがありました。

第二岩屋

第一の岩屋を出てすぐ隣に第二の岩屋があります。

第二岩屋 入口

こちらは第一の岩屋に比べると短いですが、面白いスポットがあります。

第二岩屋 内部

第二の岩屋は龍神伝説の地されていて、奥に進むと。。。

そこには非常に感想が分かれる物が置かれていますが、是非行って感じていただきたいのでここでは写真は控えておきます。ちなみに私は「ん???」となりました。

江ノ島岩屋 料金・営業時間

料金一般(中学生以上)500円/小学生 200円
営業時間9:00-17:00(季節によって異なります)
webサイトhttps://www.fujisawa-kanko.jp/spot/enoshima/17.html
江ノ島岩屋 料金・営業時間

料金は江ノ島の登山口で売っている「江の島1day」ではエスカー、シーキャンドル(展望灯台)がつい大人1,100円です。全ていく場合はこちらの購入がお得です。

あとがき

岩屋は江ノ島の中でも少し奥にありますが、雄大な自然や歴史を感じられるので絶対に行って欲しいスポットです。是非行ってみてください。

ブログをご覧いただきありがとうございました!毎日20:00に更新していますので、良かったら明日も見に来てくださいね。

それでは、また!


他にも旅行で良かった場所を記録として書いています。よかったらご覧ください。

good and new ブログ 旅の記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました