【初心者必見】歌舞伎入門の演目と食事の紹介

旅の記録

初めて歌舞伎を見にいきました。勧進帳は初心者の私でもわかりやすく、すごく楽しめました。初心者でも楽しめる演目や食事、イヤホンガイドなどについて書きました。

歌舞伎

歌舞伎座 外観

東京の銀座にある歌舞伎座に行ってきました。東浅草駅から出てすぐ銀座駅から徒歩5分とアクセスが良かったです。

歌舞伎座の中に入ると外とは雰囲気がガラッと変わります。少し背筋が伸びる感じでした。

座席

席は1、2、3階席があって、一階席の左側には花道があります。

花道も舞台になっていて、花道の横の席だと歌舞伎役者がすぐ隣を通るのでかなり迫力があります。

歌舞伎 花道

花道の奥には広い舞台が広がっていて、基本的にはこの舞台で歌舞伎が行われます。

舞台

初心者におすすめの演目:勧進帳(かんじんちょう)

歌舞伎初心者の私でもかなり楽しめたのが勧進帳でした。

勧進帳は義経が関所を変装して通る際に疑われて、弁慶が義経を激しく叩くことで関所を通るものです。

あらすじ自体は歌舞伎ファンでなくとも有名な一節で、かなりわかりやすかったです。

そして、初心者の方、絶対イヤホンガイドは使った方がいいです。

歌舞伎独特のわかりずらい表現やあらすじ、衣装、音楽など舞台の進行に合わせて音声で解説してくれます。

しかも、この音声ガイドはおそらくライブで解説しており、重要なセリフとは被らないように解説してくれます。

食事:吉兆

せっかく歌舞伎座に行ったら、吉兆のご飯を食べてほしいところです。

歌舞伎の演目の間には35分の休憩があります。そこで、食事をとりますが、歌舞伎座の中で特に有名なのが吉兆です。

お弁当で6,800円しますが、せっかくの歌舞伎、贅沢してみてはいかがでしょうか。

35分の休憩で食事やトイレなど全てを済まさないといけないのでバタバタ食べることになりますが、事前予約制で、休憩時間に行くと既に席に用意されています。

吉兆 松花堂弁当

予約は電話のみで11時から17時(前日は16時まで)ですので是非、予約してみてください。

あとがき

歌舞伎はかなり敷居が高いと感じていましたが、席も4000円からと比較的リーズナブルな席もあります。

行ってみると歌舞伎役者の動きが一つ一つ洗練されていて時間を忘れて見入ってしまいました。是非一度行ってみてください。

ブログをご覧いただきありがとうございました!毎日20:00に更新していますので、良かったら明日も見に来てくださいね。

それでは、また!


他にも旅行で良かった場所を記録として書いています。よかったらご覧ください。

good and new ブログ 旅の記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました