基本情報技術者試験を94点で合格した勉強法

学び

ITエンジニアの登竜門「基本情報技術者試験」を94点で合格しました。使用したテキストやサイト、勉強方法を紹介します。

基本情報技術者試験

使用テキスト・サイトの全て

基本情報技術者試験は試験範囲が非常に広いため、効率よく勉強しないといつまで経っても資格を取得できません。

そのため、インプットするのに本を1冊購入してその一冊に全てをかけました。アウトプットでは過去問がネットで無料公開されているのでそれをひたすら回しました。

使用テキスト

基本情報技術者試験 キミタ式テキスト

基本情報技術者試験の範囲を網羅しているこちらのテキストを使いました。このテキストは700ページ越えで非常にボリュームが多いので工夫して勉強しないとインプットがいつまで経っても終わりません。

詳しい勉強方法は後のブロックで紹介します。

使用サイト

基本情報技術者過去問道場

このサイトは基本情報技術者試験の過去問をひたすら解けるサイトです。平成16年から令和元年まで計32回分の試験が受けられます。

午前試験、午後試験どちらにも対応しており、午前試験は約6割ほどは過去問と同じ問題が出ると言われているのでこちらでしっかり対応しておけば十分合格できます。

勉強方法

過去問をいきなり解く猛者もいるみたいですが、私の場合最初はテキストをひたすら周回しました。過去問をいきなり解くと正答率が非常に低くなり、自己肯定感がボロボロになるためです。

「楽しく、負担なく勉強するためにはどうしたらいいか」に重点を置きました。

テキストをひたすら通読(1ヶ月ほど)

最初の1週はじっくり読みます。時間的には1冊700ページを10時間くらいかけて読みました。

初見で理解不能な箇所は深追いせずに読みます。ポイントは1回で理解しようとしないこと。全体像が見えると頭に入りやすくなるので、1週目は流す程度です。

そこから10週ほど回します。最後は1週1時間くらいで読めるようになります。(理解している部分は流すだけになるので)

テキストを10週したら午前試験過去問を解く(3週間ほど)

ここまでくると過去問で50〜60%ほど取れると思います。3回分くらい午前試験の過去問を解いたら苦手分野がわかってくるのでそこをテキストで重点的に学習します。

基本情報技術者試験 午前試験分析
過去問道場では苦手分野の分析も行ってくれます。

これを繰り返して80%ほど取れる様になったらおそらく午前試験は問題なくパスできると思います。

今の試験は午前試験と午後試験を別日に受験できます。ここまできたら午前試験を受験した方が効率よく勉強が進められます。

午後試験(1ヶ月ほど)

午前試験が80%ほど取れる様になれば午後試験の基礎はできています。午後試験の過去問を1回分やります。午後試験は文章が独特だったりするので1回分はなかなか点数が出ないと思います。それでも大丈夫です。1回分解説を読んでしっかり理解すれば問題ないです。

あとは過去問を解説を理解して、苦手分野があればテキストでインプットしてを繰り返します。

メモに残っていましたが、こんな感じで結果をメモしていました。%が左のものが1回目で2、3回目と続きます。

基本情報技術者試験 午後試験分析
復習の有無の管理しました。

ここまでやりこんで午後試験は94点で合格でした。ちょっとやり込みすぎたなと思います。

あとがき

基本情報技術者試験は範囲が広いので短期集中でサクッと取ってしまった方が精神衛生上いいです。

この記事が少しでも勉強の役に立てば幸いです。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました