低温調理器で楽しいクッキング!(初級編)

私のお気に入り

実家に低温調理器なるものがあったので、料理を作って振る舞ってみました。

低温調理器

低温調理器は時間と温度を設定して、比較的低い温度で食材にじっくりと熱を加えられる調理家電で、低い温度でじっくりと熱を加えられるため、お肉は柔らかく仕上がるなど、様々な料理に応用できるものです。

食材を袋などに入れてお湯の中に入れます。ジップロックなどに詰めて真空にするやり方もあるようですが、水の圧力を使えばただの袋耐熱である必要はありますでも食材部分は真空状態を作ることができます

ローストビーフ

低温調理器といえば真っ先に思いつくローストビーフ。例にもれず、王道を突き進みました。笑

牛のモモ肉を袋に入れて、58度で1時間半低温調理をします。低温調理が終わったら塩を振って15分ほど置いて味を染み込ませます。

15分ほど置いたら、外側に少し焼き目をつけるために4面を焼きつつ胡椒を振って完成です。

完成して盛り付けたものがこちらです。中は赤く、いい感じのローストビーフになりました。

ローストビーフ完成品

ローストビーフが余ったので、翌日の昼にはローストビーフ丼にしました。上に載せた卵も低温調理で簡単に温泉卵にできました。

ローストビーフ丼

感想

家で本格的なローストビーフが簡単にできました。温泉卵を乗っけてローストビーフ丼にできたのも大満足です。

低温調理器の初手としては簡単で良い選択だったと思います。

エッグ・ベネディクト

ホテルのような朝食を食べたくて、エック・ベネディクトにも挑戦しました。ただ、低温調理器を使ったのは卵だけで、非常に簡単でした。

卵を低温調理器で90度で7分加熱します。これで完璧な半熟卵が完成です。

あとはマフィンを焼いて、ベーコンを焼いて、適当なタレを作ってそれぞれを盛り付ければ完成です。

雰囲気を出すためにフォークとナイフでいただきました!笑

感想

朝から優雅な朝食が食べれて満足です。フォークとナイフは使い慣れていないのでパンがなかなか切れずにイライラしましたがそこはご愛嬌。

低温調理器を使えば完璧な半熟卵を間違いなく作れるので、卵を切る前に「半熟になってるかな〜」と無駄な緊張感を味わわなくて済みました。

使用した低温調理器

今回使用した低温調理器はグリーンハウスのものを使いました。低温調理器は温度が一定になってタイマーがあればどれも大差ないです。設定できる温度と上限の時間にメーカーごと違いが出るみたいですので、そこを確認して購入するのが良いと思います。

グリーンハウスの低温調理器は0度〜90度まで設定できて、時間も99時間59分まで設定できるので充分な性能だと思います。

[楽天]低温調理器 Sous-Vide Cooker GH-SVMA

あとがき

低温調理器があれば食材の加熱は、ほったらかしで簡単にできるのでかなり楽に料理が作れました。

「低温調理器 レシピ」で調べると色々なレシピがあるのでどんどん作って行きたいと思います。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました