【牧のうどん】福岡独特の柔らかうどんを堪能

旅の記録

福岡うどん三傑の一つ「牧のうどん」は柔らかいうどんで有名です。水を大量に吸ったうどんですが、柔らかい中にもコシがあります。食レポを書きました。

牧のうどん

牧のうどん 外観

「ウエスト」「資(すけ)さんうどん」と並ぶ福岡うどん三傑の一つで、チェーン店ながら質の高いうどんが食べられるお店です。空港のすぐ近くや博多駅のすぐ近くなど、様々な場所に出店しています。

実はうどんは博多発祥と言われていて、地元の方はよく食べるそうです。福岡は明太子やモツ鍋、水炊きなどのイメージが強いですが、うどんも名物の一つです。

食レポ

肉うどんとかしわご飯

うどんの硬さは「硬め・普通・柔らかめ」を選べます。今回は普通を選択しました。

注文したものは肉うどんとかしわご飯です。

肉うどん

うどんの硬さは普通を選択しましたが、かなり柔らかく感じました。丸亀製麺やはなまるうどんのようなコシが強く、モチモチなうどんとは一線を画す食感です。

すぐに噛み切れる柔らかいうどんの中にちょっとしたコシがあってクセになる食感です。

肉自体は九州らしい甘めの味付けで、それに釣られて出汁も甘くなっていました。

九州に来たな!と感じられるうどんです。

かしわご飯

九州地方では鶏肉のことを「かしわ」と呼び、鶏肉を使ったかしわご飯が福岡の郷土料理になっています。

炊き込みご飯と似ていますが、必ず鶏肉を使うこと、一度具材を炒めてから煮込んで最後にご飯と合わせるのが特徴です。

牧のうどんのかしわご飯は優しい味付けで美味しかったです。炊き込みご飯と違ってご飯を炊いた後に味付けをするのでお焦げはありませんでした。

あとがき

正直、柔らかいうどんといつも食べているコシの強いうどんで、いつも食べている方が好きです。一方で、旅だからこそ、旅のテンションでご当地の食べ物を楽しむのも好きです。

馴染みがないと衝撃の食感の福岡の牧のうどん、是非食べてみてください。

ブログをご覧いただきありがとうございました!毎日20:00に更新していますので、良かったら明日も見に来てくださいね。

それでは、また!


他にも旅行で良かった場所を記録として書いています。よかったらご覧ください。

good and new ブログ 旅の記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました