【箕面大滝】大阪のディープスポット|行き方や駐車場、滝の写真など

旅の記録

大阪の箕面公園では落差33mの巨大な滝があります。春夏秋冬それぞれ自然の魅力があるスポットで駐車場情報や交通機関情報などをまとめました。

箕面大滝

箕面大滝

大阪駅から車で30分ほどのところにあって、春は新緑のモミジ、夏は涼を感じられるスポットとして、秋は燃え立つような真っ赤な紅葉、冬は雪化粧の滝が人気のスポットです。

大滝の落差は33nあり、岸壁から水が轟音と共に流れる姿はとてもダイナミックで自然の雄大さを感じされます。

箕面大滝へのアクセス

箕面大滝へは近くの駐車場まで車で行き、そこから歩くパターンと阪急箕面駅から歩くパターンの二つがあります。

近くの駐車場に停める場合

大日駐車場

一番近くの駐車場は大日駐車場で、駐車台数は70台ほどです。

場から箕面大滝への道のり

大日駐車場から箕面の滝へは、歩いて15分ほどです。

駐車場から大滝に向かって歩いていくと大滝の手前に入り口のような階段があります。しかし、こちらの入口は滝に全く関係がありません。(私はちょっと入ってからなんか違ったので引き返しました。)

箕面大滝 行き方1

道路を5分ほど歩いてトンネルのような場所を潜ったらあとは下り坂を下っていくだけです。

箕面大滝 行き方2

510mとなっていますが、急勾配なところもあるため、実際の距離よりも遠く感じます。

箕面大滝 行き方3

途中、こんな感じで傾斜がきついところもあります。もう大滝はすぐそこなので焦らずゆっくり降っていきましょう。

箕面大滝 行き方4

傾斜を下ること10分ほどで大滝が出てきます。遠くからでも滝の音がわかるほど大きな滝です。

箕面大滝 到着

箕面駅から歩いていく場合

こちらはかなり大変な道のりです。軽い登山と思って靴や水などを準備した方がいいでしょう。

箕面公園案内図

駅から滝までは約2.8kmで高低差がかなりあります。ただ、森の中なので歩いていて気持ちがいいことは間違い無いです。

webサイト

箕面大滝には公式webサイトがあります。自然のことや動物のことが書かれています。よかったらご覧ください。

あとがき

紅葉のハイシーズンは平日でも駐車場が満車になったり(満車の場合右折からの入庫が禁止になります)土日祝日は箕面ドライブウェイが規制されることがあります。駅から歩いていくのが確実ではありますが、体調など準備は怠らずにいくことをお勧めします。

ブログをご覧いただきありがとうございました!毎日20:00に更新していますので、良かったら明日も見に来てくださいね。

それでは、また!


他にも旅行で良かった場所を記録として書いています。よかったらご覧ください。

good and new ブログ 旅の記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました