名古屋市科学館の世界一大きいプラネタリウムと科学館の魅力まとめ

旅の記録

愛知県にある名古屋市科学館にあるプラネタリウムは世界一大きいプラネタリウムとしてギネス認定されています。プラネタリウムの感想と上映時間、科学館の概要やお土産屋情報、アクセスなどをまとめました。

名古屋市科学館

名古屋市科学館 外観

プラネタリウムと科学館の展示が一体になった施設で、展示物は大きく分けて、天文・理工・生命の3つで構成されています。それぞれさらにジャンル分けされており、見て、聴いて、触って、体験できます。

プラネタリウム

名古屋市科学館 プラネタリウム

名古屋市科学館の名物の一つに世界最大のプラネタリウムがあります。その大きさは内径35メートル。ビルの大きさでは11〜12階に相当します。
※科学館は7階構造ですが、展示物を収納する都合上、通常のビルに比べて部屋が高くなっています。

体験レポ

※写真はフリー素材で上映の内容とは関係ありません

プラネタリウムのキューブに入るとその大きさに驚きました。座席数は350席あって、映画館のように自分の予約した座席を探します。

上映内容は今日の星空の、星座の解説、そして毎月テーマを変えてそのテーマに沿った話題を学術員の方が生で解説してくれます。

私が参加した時のテーマは「電波望遠鏡の最先端」で南米ペルーにある電波望遠鏡のことを詳しく聞けました。

全体的に解説メインのプラネタリウムですが、ところどころ大きさを活かした圧巻の演出もありました。

銀河系を星々の間を縫って移動する際に、自分が宇宙船に乗っているような目線で映像が流れます。その際にプラネタリウムが大きいので自分の視界の端から端まで全て星で覆い尽くされて、本当に自分が移動しているかのようでした。

展示物

色々な展示物があっておもしろかったですが、特に私の興味を引いたものを紹介します。

ロケットの外壁

名古屋市科学館 展示物1

実際のロケットの外壁を触ったり、持ち上げたりできるもので、その軽さが衝撃的です。非常に軽く作られていますが、高温や高圧にも耐えれるものになっていて、すごく面白かったです。

現在の太陽の姿

名古屋市科学館 展示物2

今現在の太陽のすがたをリアルタイムで映している展示物です。科学館の7階にある望遠鏡の映像をリアルタイムで表示しています。

シャボン玉みたいなもの

名古屋市科学館 展示物3

シャボン液からあげると綺麗な膜が出てきます。骨格によって膜のデザインも違っていて綺麗でした。

土産

科学館の出入口を出てすぐ横にお土産屋さんがあります。簡単なプラネタリウムやペンなど宇宙に関するものが販売されています。

プラネタリウムのお土産といえばやっぱり宇宙食。こちらのお土産屋さんにもありました。

名古屋市科学館 お土産屋

たこ焼きとミルクレープを買ってみました。

名古屋市科学館 お土産 たこ焼き

たこ焼きはソースがかかっていない分、出汁の効いたたこ焼きでした。中にしっかりタコも入っていて、紅生姜の味もしっかり感じます。

名古屋市科学館 お土産 ミルクレープ

ミルクレープは軽いサクサク食感。生クリームが乾燥してサクサクになるのでミルクレープの良さが全て消えていました。ただ、これはこれで楽しいところはあります。

開館時間・プラネタリウム上映時間

科学館の開館時間は9:30〜17:00(入館は16:30まで)で、休館日は毎週月曜(祝日の場合は直後の平日)、第3金曜日(祝日の場合は第4金曜日)です。

プラネタリウムの上映時間などは名古屋市科学館webサイトで確認ができます。

駐車場・アクセス

駐車場・交通アクセスは名古屋市科学館webサイトに詳細が掲載されています。

あとがき

世界一のプラネタリウムを目当てに行きましたが、展示物も良かったです。展示物は多いので一日でもいれてしまう科学館です。

ブログをご覧いただきありがとうございました!毎日20:00に更新していますので、良かったら明日も見に来てくださいね。

それでは、また!


他にも旅行で良かった場所を記録として書いています。よかったらご覧ください。

good and new ブログ 旅の記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました