新しいNISAは実際どうなのか?

チャートの画像資産形成

私としてはNISA、iDeCoの中でおすすめしているのはつみたてNISAのみです。通常NISAに代わって新しいNISAが2024年から追加されるのでお得なのか、やるべきなのか私なりの考えを書きました。

NISAの制度の概要やiDeCoをおすすめしない理由は以下のブログで書いています。よかったらご覧ください。

NISAはおすすめでiDeCoはおすすめしない理由

NISA

NISAは一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAがありましたが、2024年以降通常NISAに代わって新しいNISAが代替されます。この中で18歳以上が行えるのがつみたてNISA、新しいNISAの2つです。

※NISAは併用不可です。一般NISAとつみたてNISAの併用はできません。

新しいNISA

新しいNISAの非課税枠は2階建になっていて、非課税期間は最長5年間です。それぞれの非課税枠や投資先に関しては以下の通りです。

1階部分:毎年20万円まで、一定の投資信託への投資から得られる分配金や譲渡益(売却益)が非課税

2階部分:毎年102万円まで、株式・投資信託への投資から得られる配当金・分配金・譲渡益(売却益)が非課税

※原則、2階部分を利用するためには1階部分で積立投資を行う必要があります。

イメージとしてはつみたてNISAと一般NISAを一緒にできるイメージです。

おすすめできるのか?

個人的には、つみたてNISAよりも魅力的な制度ではないと考えています。つみたてNISAとの比較で私なりにデメリットをまとめました。

デメリット1)非課税期間が5年と短い

新しいNISAは非課税期間が5年でつみたてNISAの20年と比べると短期的な成績を求められてしまいます。例えば、リーマンショックの後、株価が回復するまでに3年ほどかかっています。(S&P500の事例)

5年の短期スパンではリーマンショックなどの暴落があった場合に、株価が回復する前に非課税期間が終わってしまう場合も想定されます。

一方でつみたてNISAで20年の期間があれば、暴落があった後でも回復まで十分な期間を確保することができます。

デメリット2)2階部分の運用が難しい

2階部分の銘柄を選定するのに相当の目利き能力が求められます。特に2階部分で個別銘柄を購入する場合には株式投資のプロと同じレベルの目利き能力や情報収集力が求められます

また、2階部分を選定する際の労力も非常に莫大なものになってしまいます。その莫大な労力を払っても利益が出るかはわかりません。2階部分をうまく使いこなせるのはかなり高いレベルが求められます。

※今回は利益を追求する前提で書いています。その企業を応援したいなど、利益度外視の理由がある場合には新しいNISAもおすすめできると思います。

あとがき

新しいNISAとつみたてNISAを比較した時には個人的には、つみたてNISAに軍配が上がります。

そもそも、投資の大原則は「長期・分散・積立」なので、その3つに合致しているつみたてNISAを超える制度はなかなか現れないかもしれません。

少しでも参考になれば嬉しいです。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました