【志摩】東茶屋街で唯一200年以上前に建てられた重要文化財

旅の記録

東茶屋街の志摩は1820年に建てられてそのままの形で残っている建物です。お茶屋は建物の構造が単純な分寿命が短く、他の建物は改築などが行われています。志摩の内部やお茶屋などについて書いています。

志摩

志摩 外観

1820年に建てられた、東茶屋街で一番古い建物で国指定重要文化財に登録されています。志摩以外の建物は建て直しなどが行われていますが、この志摩だけは1820年当時から建て替えは行われていません。

そのため、所々に歪みがあったり、建物自体が狭かったりします。

建物の内部

志摩 内部

建物の内部は四角の部屋が何個も繋がっている構造になっています。元々お茶屋は住む場所ではないので非常に簡単な造りになっているとのことです。

その簡単な造りが故に建物自体長くは持たず、寿命が短い分、志摩は貴重な存在になっています。

志摩 石室

昔の食料を保管する地下室に繋がる階段もそのまま残されていて、展示されています。

志摩 お茶屋

建物の中に「寒村庵」というお茶室があって、そちらでお茶とお菓子がいただけます。せっかくなのでお茶を頂いてきました。

お茶室「寒村庵」

志摩の中にはお茶室があり、お茶菓子とお抹茶を頂けます。料金は生菓子で700円、お干菓子(落雁)で500円です。

席に着くとお茶菓子が出てきます。生菓子は人によって種類が違うようでした。

志摩 生菓子

お茶菓子が食べ終わった後に抹茶が運ばれてきます。席は横一列になっていて、目線の先には中庭があります

志摩 お茶

抹茶は頂く前に器を180度回転させるのがお作法なので、忘れずに回転させてから飲みます。お茶は苦く、上品な味わいでした。

飲み終わったら口をつけたところを手で拭って、お菓子が乗っていた紙で拭いて終了です。

風情のある建物で風情のある抹茶をいただけてちょっと大人になった気分です。

志摩 営業情報ほか

住所石川県金沢市東山一丁目13-21
定休日無休
開館時間9:30~17:30
冬期(12月~2月)9:30~17:00
料金一般 500円
小・中学生 300円
webサイトhttp://www.ochaya-shima.com/
志摩 営業情報ほか

あとがき

東茶屋街ではおしゃれな喫茶店などがありますが、建物の歴史を感じながらお茶をいただけるのは志摩だけです。

東茶屋街に行った際にはぜひ行ってみてください。

ブログをご覧いただきありがとうございました!毎日20:00に更新していますので、良かったら明日も見に来てくださいね。

それでは、また!


他にも旅行で良かった場所を記録として書いています。よかったらご覧ください。

good and new ブログ 旅の記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました