【家で食べるラーメンの到達点】日本ラーメン科学研究所をガチレビュー

日記

家で食べるラーメンの到達点を謳う即席ラーメンを見つけてしまいました。ラーメンの実食レポや店舗情報を書きました。

家で食べるラーメンの到達点

日本ラーメン研究所 広告

日本ラーメン科学研究所で出している冷凍即席麺は「家で食べるラーメンの到達点」と自信満々で謳っていました。

もう気になって仕方がなかったので実際に買ってみました

家で食べるラーメンの到達点 醤油味

箱は少し高そうな箱に入っています。裏にはかなり自信満々の説明書きがありました。笑

家で食べるラーメンの到達点 説明書き

要約するとラーメンのデータベースを機器分析し、麺とスープの最適な組み合わせ・味を検証し、至高の一杯に仕上げたとのこと。果たしてどんな感じになっているか妄想が膨らみます。

箱の中

箱の中身はこんな感じになっています。ラーメンのスープと麺がどちらも冷凍で入っています。

家で食べるラーメンの到達点 中身

そして、同じ場所に売っていたトッピングセットも購入しました。

トッピングセット

中身はこんな感じ。チャーシュー、メンマ、卵は湯煎して温めます。コショウとのりは最後に入れていきます。

トッピングセット 中身

湯煎で温めるだけで完成するのはかなりお手軽でいいですね!

実食レポ

ラーメンは沸騰してスープを溶かしたお湯に凍った麺を入れて3分(醤油味の場合)で完成です。スープでラーメンを茹でるのがポイントみたいです。

そこに、湯煎した具を乗せたら立派なラーメンが完成します。

家で食べるラーメンの到達点 完成品

スープは若干濃いめの醤油で表面には薄っすら脂が浮かんでいます。麺はストレート麺でスープと一緒に茹でているため、ストレートでも十分に麺にスープの味が絡んでいました。

スープは若干のコッテリ醤油でめちゃくちゃ満足感があります。

そしてチャーシューがめちゃくちゃ美味しいです。ラーメンが1000円(3食)、具が1000円(3食)なので一食700円弱にはなりますが、絶対具も買った方がいいです。

家では絶対に再現できないチャーシュー、半熟の卵(湯煎しても固まらなかったので多分厳密には卵ではない気がします)コリコリ食感のメンマが追加されて初めて至高のラーメンになる気がします。

確かに家で食べるラーメンの中で至高の領域に近いラーメンな気がします。

店舗一覧

店舗は北海道から鹿児島まで、沖縄を除く全国にあります。(2023年9月現在)

日本ラーメン研究所 店舗一覧

主に餃子の無人販売店の「餃子の雪松」の中に併設されていることが多いです。それ以外にも自販機販売も行っているようです。

あとがき

今回食べた醤油以外にも、豚骨、魚介醤油、味噌があります。それぞれの販売場所で何が売っているかは店舗一覧に掲載されています。

ぜひ食べて見てください。

ブログをご覧いただきありがとうございました!毎日20:00に更新していますので、良かったら明日も見に来てくださいね。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました