SBI証券で投資信託を購入する時に設定すべきポイント2選

資産形成

SBI証券では投資信託を購入するだけでもらえるポイントが2つあります。設定するだけでもらえるので毎月もらえるので、設定していない方は損をしています。ポイントがもらえる制度の概要と設定方法を書きました。

クレカ積立

投資信託をクレカで購入できる制度です。クレカで購入することでクレカのポイントが貯まります。ポイント付与率は0.5%〜5.0%で以下の通りです。

【5.0%貯まるカード】
三井住友カード プラチナプリファード

【2.0%貯まるカード】
三井住友カード プラチナ Visa/Mastercard
三井住友カード プラチナ PA-TYPE Visa/Mastercard
三井住友ビジネスプラチナカード for Owners(Visa/Mastercard)

【1.0%貯まるカード】
三井住友カード ゴールド Visa/Mastercard
三井住友カード ゴールド PA-TYPE Visa/Mastercard
三井住友カード ゴールド(NL) Visa/Mastercard
三井住友カード プライムゴールドVisa/Mastercard
三井住友カードゴールドVISA(SMBC)
三井住友カードプライムゴールドVISA(SMBC)
三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド Visa/Mastercard
三井住友ビジネスゴールドカード for Owners(Visa/Mastercard)
三井住友銀行キャッシュカード一体型カード (ゴールド/プライムゴールド)

【0.5%貯まるカード】
三井住友カード(NL)
上記以外のVポイントが貯まるカード

SBI証券webサイトより

全て三井住友カードです。0.5%の三井住友カード(NL)は年会費無料です。私はこの0.5%の三井住友カードで積立しています。

積立金額は100円〜50,000円なので0.5%で月50,000円積立をすると毎年3,000円分のポイントがもらえます。積立をするだけでポイントももらえるのはお得ですね!

ちなみに、1%たまるゴールドカードは通常年会費が5,500円ですが、年間100万円利用で年会費が永年無料になるので年間利用が100万円を超える方はそちらを作るのがお得です。

※100万円は1度達成すれば年会費が永年無料になります。家賃などをクレカで払えれば現実的に利用できる金額になっています。

設定方法

クレカの設定・積立の設定方法に関してはSBI証券のよくあるご質問に回答があります。

クレジットカードのカード登録はどのようにできますか(クレカ登録・積立設定方法)

SBI証券ポイントサービス

クレカ積立はやっている方が多いと思いますが、こちらは盲点で取り逃がしている方も多いです。

こちらは保有している投資信託の残高によって毎月ポイントがもらえるものです。私はこのポイントで毎月100ポイントもらっています。投資信託を持っていれば、設定するだけでポイントがもらえるのでやらないと損です。

このポイントを使って投資信託を購入することができます。

ポイントの種類

私はTポイントで利用していますが、カード番号は登録していません。溜まったポイントはそのまま投資信託を購入するので、あえてカード番号を登録しなくてもポイントが貯まるからです。

Tポイント以外にもPontaポイント、 dポイント、JALマイルで貯めることができます

ポイントを使って投資信託を購入する

ポイントを使って投資信託を買えるので実質現金をもらっているようなものです。

貯まるポイントは保有している投資信託とその残高によってパーセンテージが変わります

毎月積立ている場合、徐々にもらえるポイントが増えていくのでそこも楽しみです。手順

注意点

ETFと投資信託を迷っている場合、このポイントが決めてで投資信託にする選択は基本的になしです。

ポイントを加味しても、ETFの方が手数料(管理費用)が安いので、ポイントが決め手で投資信託にするのは合理的ではありません。

投資信託は購入単位や配当金の再投資などメリットがあります。あくまでそれに付随するおまけ程度に考えるといいかもしれません。

設定方法

SBI証券のwebサイト(口座管理>お客さま情報 設定・変更>ポイント・外部ID連携)から簡単に手続きできます。

あとがき

積立で投資信託を購入する場合、現在SBI証券が最もいい選択です。

もらえるものはしっかりもらって、老後の資金を少しでも増やしたいですね!

当ブログをご覧いただきありがとうございました!毎日20:00に更新していますので、良かったら明日も見に来てくださいね。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました