【エッセイ】「疲れる」の原因は先には来ない

エッセイ

最近転職をした。転職した当初は「色々気を使うことも増えて疲れが溜まりそう」とカレンダーの余白を増やしてしまっていた。しかし余白が増え過ぎて空白になってしまったのではないかと反省している。

「転職するから疲れる」は原因を先に見つけて疲れるは後に来てしまっている。例えば、

  • 飲み会が続くから疲れる。
  • 初対面の人と話すから疲れる。
  • 新しい仕事をするから疲れる。

などなど。でも本来は疲れが先にあって理由を振りかって見つけるんじゃないかと思う。

  • そーいえば最近飲み会が多かったな。
  • そーいえば今日気を使っていたな。
  • そーいえば新しい仕事で忙しかったなぁ〜。

とか。あくまで疲れを感じてから振り返って原因がある。でも、原因が先に来ると本当は疲れてないのに、自分に疲れたと言い聞かせてしまう。

  • 仕事をしたから疲れてるだろう。
  • 初対面の人と話したし疲れてるだろう。
  • 転職したし疲れてるだろう。

心身の健康に休息はもちろん大事だけど、過剰な休息は色々な発見や出会いを潰してしまう。

もちろん、無理をし過ぎて体調を崩すのは良くない。気を張っていて疲れを感じれない時もある。それでも、常に自分の心と身体を見守り、対話しながら頑張っていきたい。

空白の日曜日にそんなことを感じた。


 

このブログでは他にもエッセイを書いています。もし、このエッセイが気に入ってくださったら他のエッセイも見ていただけると嬉しいです。

エッセイ一覧

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました