【千年希望の丘】森を作るプロジェクトの現在地

日記

10年前の2013年に宮城県の沿岸に森を作るプロジェクトの「千年希望の丘」に参加しました。当時は膝下ぐらいだった若木も現在は3m以上に成長していました。

千年希望の丘

千年に一度の大災害と言われた東日本大震災の津波ででた震災ガレキを再利用して丘を作り、それに植林して森となって津波の威力を分散・減衰させる緑の堤防として整備するプロジェクトです。

津波の被害が激しかった岩沼市の沿岸約10kmにわたって整備されています。

最初の植林が2013年で、そこから約35万本が植樹されています。

私も2013年に行われた第一回目に参加して植樹を行いました。

第一回 丘相野釜公園

第一回は東日本大震災から2年後の2013年6月9日に行われました。

千年希望の丘 2013年
千年希望の丘webサイトより
https://sennen-kibouno-oka.com/about/

傾斜面に植樹を行い、その後に藁を被せて若木を守りました。

2023年5月の姿

植樹から10年が経ったので様子を見て来ました。

千年希望の丘 2023年

大きいものでは約3メートルほどに成長ていました。植樹した当時は膝下ぐらいの大きさぐらいだったのでその頃に比べるとかなり大きくなっていました。

千年希望の丘 2023年

階段のところも木で幅が狭くなっていました。ただ、木の幹はまだまだ細かったです。

千年希望の丘 2023年

少し高台になっている道路の部分は整備されていました。ここは地域のかたの散歩コースになっていたり、自転車のサイクリングコースになっているみたいです。

植樹した時は弱々しい若木でしたが、いつの間にか私の身長も超えて徐々に森に近づいて来ました。どんどん成長して千年後の大震災の時に緑の堤防の役割を果たしてくれればいいなと思います。

自分が携わって森になる過程が見れる機会はなかなかないので、これからも定期的に見にいきたいと思います。

あとがき

2013年6月の回ではnews zeroのメインキャスターだった村尾さんや歌手の倉木麻衣さんが来ていました。

正直私は倉木麻衣見たさに参加しました。ただ、今となっては木の成長が楽しみになっています。最初の動機が何でもいいんだなと感じています。

当ブログをご覧いただきありがとうございました!毎日20:00に更新していますので、良かったら明日も見に来てくださいね。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました