ワクワクを一歩一歩味わいたい

旅アイキャッチエッセイ

ワクワクを一歩一歩、成長を感じながら味わっていくのが好きです。

例えば、いきなりスカイダイビングをするのではなく、バンジージャンプをしてからスカイダイビングをしたいみたいな感じです。(まだバンジージャンプもスカイダイビングもしたことはありませんが。。。)

スカイダイビング
スカイダイビング
バンジージャンプ
バンジージャンプ

一歩一歩が好きなのは自分ががめつい奴だからだと思います。

いきなりスカイダイビングをしてしまっては、バンジージャンプを楽しめないのではないかと思ってしまいます。バンジージャンプとスカイダイビング2つ楽しめるところを、スカイダイビングを最初にやってしまうとバンジージャンプは楽しめなくなり、楽しみが一つ減ってしまうと思ってしまいます。

私の宿泊先歴

例えば宿泊先は1泊1,500円からはじめました。1,500円の宿は、トイレも共同で汚く、お風呂も入るのに抵抗があったり、夜にはお化けが出そうな和室に布団で寝るところでした。布団が仕舞ってあったクローゼットから人が出てきそうだったのでスーツケースで塞いで寝ました。笑
環境は最悪でしたが、ここから始まる一人旅ライフにワクワクしながら、お風呂とトイレを我慢して、宿を精一杯楽しみました

1500円の宿

次の宿泊先は2,300円でした。2,300円ともなると部屋にお風呂と壊れているトイレが付きます。トイレは壊れているため使えませんでしたが、部屋についているお風呂に感謝して泊まることができました。

2300円の宿

次の宿泊先はちょっとグレードアップさせて4,000円でした。4,000円ともなると部屋のお風呂もトイレも不自由なく使うことができ、快適な生活を楽しめます。

4000円の宿

現在は5,000円前後の宿に泊まっていますが、5,000円の宿には朝食がついてくることがあります。快適なベッド、風呂、トイレ、さらには朝食とまさに至れり尽くせりで、最高です。ここまでくると「自分もこんなところに泊まれるようになったのか。。。」とサクセスを感じられます。

5000円の宿

最初から5,000円の宿に泊まっていたら1,500円の宿も2,300円の宿も不快で楽しめないでしょう。1,500円の宿の1,500円なりの楽しみを味わえないのは勿体無いと思ってしまいます。

※宿泊先は一人旅の時のものです。友人と旅行する時には流石にこの遊びはやりません。

最後に

ちょっとがめつい奴になってしまいましたが、この方法はサクセスを感じられるので一歩一歩、成長を味わいながら楽しんでいます。

最後にハンターハンターのジン=フリークスの言葉で(自己正当化して)締めたいと思います。

「道中を楽しみたい。それだけさ」

道中を楽しみたい。それだけさ

コメント

  1. はなれす より:

    じゃらんの評価の低いところから泊まる企画にチャレンジしてほしいです。

タイトルとURLをコピーしました