【芸術は爆発】太陽の塔の内部潜入レポ

旅の記録

芸術家岡本太郎がデザインした太陽の塔を見てきました。初めはその大きさに圧倒され、内部は芸術作品に圧倒されました。内部の様子や太陽の塔の歴史、内部の予約方法や開館情報などを書いています。

太陽の塔

有名芸術家岡本太郎によってデザインされ、1970年に開催された日本万博博覧会のテーマ館として作られました。

内部は空洞になっており、芸術作品が展示されています。万博閉幕後約50年間、内部の公開は行われてきませんでしたが、2018年に公開されました。

外から見る太陽の塔

太陽の塔 正面

太陽の塔を一目見た感想は「とにかくでかい。」でした。高さは約70メートル、腕の長さは約25メートル、基底部は直径約20メートルです。鎌倉の大仏は高さ11メートル、東大寺の大仏は高さ15メートルなのでその大きさがわかると思います。

太陽の塔 横

太陽の塔の下に立ってみるとその圧倒的な大きさに少し怖さすら感じました。顔や太陽の塔の主張していることはよくわかりませんが「なんとも言えない、言語化できない凄み」を感じます。

中から見る太陽の塔

太陽の塔の内部は万博当時を復元した芸術品が展示されています。1階部分だけ写真撮影がOKで、高さ40メートルのところまで登ることができます。

太陽の塔 内部

展示空間はなんとも言えない空間になっています。ディズニーシーのタワー・オブ・テラーのような雰囲気でした。

太陽の塔 生命の樹

「生命の樹」という展示物は高さ40メートルにも及ぶ作品で、生命の進化が表現されています。木の上に行くほど生命が進化しており、一番上には人類が展示されています。

生命の樹 全貌

どんどん階段を登っていくと、三葉虫や恐竜、類人猿と続いていきます。全体が赤で照らされていて、異様な音楽が流れているので何とも言えない空間になっています。

40メートの地点に行くと人間がいました。ただ、太陽の塔自体は70メートルあり、木の上の空間は大きく空いています。そこにはまだまだ人類ではない生命の進化の余地があるような感じがして不気味でした。

腕部分の空間も作品になっていて、万博当時は実際に中を移動できたようですが今は腕の付け根部分から見る感じになっています。

万博記念公園 営業情報 ほか

太陽の塔を観光するには万博記念公園に入る必要があります。

開館時間9:30~17:00
休館日水曜日
入場料大人:210円 小中学生:70円
webサイトhttps://www.expo70-park.jp/
万博記念公園 入場情報 ほか

太陽の塔 営業情報 ほか

太陽の塔は万博記念公園の中にあります。そのため、太陽の塔の内部に入る際に万博記念公園の入場料の他に料金がかかります。

開館時間10:00〜17:00
休館日水曜日(万博記念公園の休館日のため)
入館料大人:720円 小中学生:310円
webサイトhttps://taiyounotou-expo70.jp/
太陽の塔 入場情報 ほか

内部の入場に関しては予約優先になります。予約は以下のリンクから行えます。

https://taiyounotou-expo70.jp/reserve

あとがき

太陽の塔自体も、中の芸術品も「なんとも言えない凄み」を感じました。私自身、芸術のことは詳しくなく、芸術作品を真面目に見たこともないですが、言語化できない「何か」を感じてその凄さに圧倒されました。

今までにない感情を経験できてすごくよかったです。行ったことのない方は是非行ってみてください。

ブログをご覧いただきありがとうございました!毎日20:00に更新していますので、良かったら明日も見に来てくださいね。

それでは、また!


他にも旅行で良かった場所を記録として書いています。よかったらご覧ください。

good and new ブログ 旅の記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました