【善次郎】牛タンが値上がりでサイドメニューが充実

日記

70年の歴史がある「たんや 善次郎」に行ってきました。最近は牛タンの値上がりが激しいのでサイドメニューにチャレンジしました。メニューや食リポなどを書いています。

たんや善次郎

善次郎は昭和20年代に創業して以来、牛タンを追求してきたお店です。

牛タンは職人が手作業切り・焼きを行い、味の決め手の塩は細かく粉になるまで挽いて味を染み込ませています。

メニュー

メニュー1

最近の牛タンは非常に高くなってきました。というのも宮城の牛タンは地場産品ではなく、アメリカやオーストラリアなど海外のタンを仕入れています。

そのタンが中国などで人気が高まったため、どんどん値段が上がっています。(地場産品ではないので世界的に人気になるとすぐに値が上がってしまいます。。。)

メニュー2

値段が上がっているため、牛タン以外のメニューや牛ハラミをつけて値段を抑えたりと各牛タン店で工夫がされています。

ランチメニュー

善次郎ではランチメニューで値段を抑えたものが食べられます。ただ、この牛タンは少し薄いものです。

今回は牛たん醤々麺を注文しました。

※メニューは善次郎の店舗ごとで異なります。詳しくは善次郎webサイト お品書きをご覧ください。

食レポ 牛たん醤々麺(温もり)

牛たん醤々麺(温もり)

メインの醤々麺、テールスープの小、牛タン餃子、漬物がつきます。醤々麺の上の具には牛タンがゴロっと入っています。

醤々麺

醤々麺の卵黄を崩して混ぜるといい香りがします。

麺にはコシがあって、牛タンの塊を噛むと旨みが出て美味しかったです。麺はボリューミーでランチはこれで850円で食べられるので、大満足です。

途中に、ラー油を足すと辛味が追加されてさらに美味しくなります。

牛タン餃子

牛タン餃子は中に肉汁が詰まっていて、食べると口の中が肉汁で溢れます。

肉感の強い餡で、餃子としての満足感が段違いにありました。

遅お昼でお腹ペコペコで入りましたが、お腹一杯の大満足でした。

あとがき

牛タンの値が上がっているので、通常の外食では中々手が出なくなってきました。ただ、サイドメニューは比較的リーズナブルなので、今後はそちらを楽しみたいと思います。

当ブログをご覧いただきありがとうございました!毎日20:00に更新していますので、良かったら明日も見に来てくださいね。

それでは、また!


他にも美味しい東北の美味しいお店やおすすめのお店をこちらで紹介しています。よければご覧ください。

good and newブログ 飲食店まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました