【富岡製糸場】製糸産業の誕生、発展、衰退の全てを見れる世界遺産

旅の記録

2014年に世界遺産に登録された富岡製糸場に行ってきました。日本の製糸産業の誕生、発展、栄華、退の過程が辿れて面白かったです。富岡製糸場の簡単な歴史、観光情報をまとめました。

富岡製糸場

1872年に明治政府が設立した製糸場で2014年には世界遺産登録されました。当時、フランスの技術者から糸を作る技術を学んで、そこから発展させ世界第一位の生糸大国になった歴史を学べます。

富岡製糸場 場内マップ

主に見学できるところは西置繭所、東置繭所、繰糸所ですが、それ以外に外から見学できたり、社宅に入れたりします。観光時間は40分のツアーガイド含めて1時間半くらいです。

東置繭所(国宝)

東置繭所
画像提供 富岡市

長さ104メートルの倉庫で、当時2階部分は糸の原料である繭を置く所として利用されていました。西にも同じ大きさの倉庫があり、1年間生糸を生産するために必要な繭が保存されていました。

当時、蚕から年1度しか繭が取れませんでしたが、生糸の生産は一年中行なっていました。そのため、保存する建物を大きくして、一年中生産に耐えられるようになっています。

現在東置繭所には当時の資料館と売店が入っています。

西置繭所(国宝)

西置繭所
画像提供 富岡市

西置繭所も繭を保管するために使われていました。現在は当時の資料を展示しています。

西置繭所 内部
画像提供 富岡市

壁や屋根は当時の雰囲気が残っています。

繰糸所(国宝)

繰糸所
画像提供 富岡市

内部は色々な資料に載っていてみたことのある風景です。ただ、この機械は1872年(富岡製糸場ができた当時)の機械ではありません。当時は電気もない時代でこのような大規模なものは当然できませんでした。

当時使っていたものは桶が取り付けられているテーブルで人力で糸を生産していました。

そして、この建物に窓が多いのは、当時電気がなく太陽光を取り入れて作業をしていたためです。そんな時代に糸を大量生産していたことが驚きです。

ガイドツアー

富岡製糸場ではガイドツアーを実施していて40分間200円で歴史などを聞くことができます。説明箇所は東置繭所、繰糸所、首長館などで富岡製糸場の歴史、当時の時代背景などを聞くことができます。

同じような内容が東置繭所の資料室に書かれていますが、文字として読むのと話で聞くのでは理解度が違うので時間がある方は参加してもいいかもしれません

富岡製糸場 開館情報 ほか

住所〒370-2316
群馬県富岡市富岡1-1
開場時間9時00分から17時00分まで(最終入場 16時30分)
休場日年末(12月29日から31日まで)
駐車場なし
周辺に有料駐車場あり
webサイトhttp://www.tomioka-silk.jp/tomioka-silk-mill/
富岡製糸場 開館情報 ほか

あとがき

建物が国宝に指定されていて、当時のフランスと日本が融合した建築物になっていました。建物自体にも当時反対運動があったりと歴史が詰まっていて、面白かったです。

ブログをご覧いただきありがとうございました!毎日20:00に更新していますので、良かったら明日も見に来てくださいね。

それでは、また!


他にも旅行で良かった場所を記録として書いています。よかったらご覧ください。

good and new ブログ 旅の記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました