【名古屋土産】国産うなぎのひつまぶしを自宅で簡単に!

旅の記録

中部国際空港や愛知県のサービスエリアや駅などで売っている”うなぎめし”は自宅で簡単にひつまぶしが食べられるお土産です。国産のフワフワうなぎが真空パックで入っていて美味しいのでおすすめです。

うなぎめし

うなぎめし

名古屋名物の一つであるひつまぶしをお土産で食べられます。流石におひつは付かないので、”ひつまぶし”にはなっていませんが、食べ方は完全にひつまぶしです。

中身

それぞれの袋の中身はこんな感じになっています。

うなぎめし 中身

それぞれ真空パックの鰻が入っていて、一杯目のうなぎ飯にはタレ、二杯目の薬味飯にはわさび・のり・乾燥ネギ、三杯目茶漬飯にはお茶漬けの素が入っています。

うなぎは真空パックになっているため、常温で6ヶ月もちます。

食レポ

それぞれ、アレンジなしで食べてみました。うなぎはそれぞれ湯煎で3分ほど温めて頂きます。

一杯目:うなぎ飯

うなぎ飯

一杯目はタレをかけて頂きます。うなぎを一口食べると、予想以上のフワフワ感に驚きました。正直6ヶ月日持ちするのであまり期待していませんでしたが、純粋にうなぎがめちゃ美味しいです。

タレも甘口でご飯とよく合います。

二杯目:薬味飯

薬味飯

二杯目はうなぎに薬味をかけて頂きます。乾燥ネギと細切られた海苔、わさびの組み合わせはあまり映えはしませんが、まぁ良しとします。

うなぎにはしっかり味がついていて、それにわさびが合わさって一杯目とは違った美味しさでした。わさびはそこまで辛くないので、少し多めにつけても大丈夫でした。

三杯目:茶漬飯

茶漬飯

最後はお茶漬けです。お茶漬けの素の味は永谷園と似ていて、ネギと海苔が入っています。

ご飯を入れて、お茶碗いっぱい分くらいのお湯がちょうどいい量でした。二杯目で余ったわさびを少し入れるとまた美味しい味わいになります。

最後にサラッとしたお茶漬けで〆て美味しく終わりました。

オンラインショップ

楽天やアマゾンでは取り扱いがありませんでした。

製造元の「味の司 石昆」では販売されています。価格は税込で1,944円です。

味の司 石昆 うなぎめしの素

あとがき

うなぎめしは常温で日持ちがするので、旅途中の持ち運びも便利で助かります。うなぎ自体も美味しいので、自分向けのお土産としてもおすすめです。

ブログをご覧いただきありがとうございました!毎日20:00に更新していますので、良かったら明日も見に来てくださいね。

それでは、また!


他にも旅行で良かった場所を記録として書いています。よかったらご覧ください。

good and new ブログ 旅の記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました