福岡空港で買える冷たい唐揚げ『努努鶏』と『唐十』を徹底比較

私のお気に入り

福岡空港で買える冷たい唐揚げは唐十と努努鶏の2種類があります。それぞれ特徴があって、どちらも美味しいです。味の違いや価格の違い、販売場所を書きました。

冷たい唐揚げ

福岡空港で販売されている冷たい唐揚げは努努鶏と唐十の2つです。

元祖冷たい唐揚げの努努鶏は茶色みがかって、胡麻が振り掛けられています。

努努鶏
努努鶏

一方で、唐十のチキンバー辛口は濃い茶色です。こちらにもごまが振り掛けられています。

唐十 チキンバー辛口
唐十のチキンバー辛口

これらの2つの味や価格を比較して行きたいと思います。

努努鶏は濃い甘口のタレです。

唐十のチキンバー辛口はその名の通り、けっこー辛口です。2、3本食べると口の中がジュワーっと辛くなるような辛さです。

どちらもお酒のつまみに最高ですが、唐十の方がよりお酒が進む味な気がします。

逆に、ご飯のおかずには両方向かない気がします。冷凍の状態で食べるので、アツアツのご飯とはどちらも合わない気がします。

価格

努努鶏は230gで1080円、唐十のチキンバー辛口は240gで1404円です。

若干努努鶏が安いです。

総合評価

私は唐十のチキンバーの方がおすすめです。

理由としては、よりお酒が進む味だったからです。個人的に辛い食べ物が好きなので、唐十が優勢になりました。辛いのが苦手な方は努努鶏がおすすめです。

福岡空港での販売場所

福岡空港で唐十も努努鶏も購入できます。唐十は専門店がありますが、努努鶏は全般的なお土産屋に置いてあります。

努努鶏

博多土産 by 菊ひら

努努鶏は国内線旅客ターミナル2階の南出発保安検査場近くの「博多土産by菊ひら」に置いてありました。

保安検査場の中に入った後も南側の売店に努努鶏が販売しています。

専門店はありませんが、博多土産のお店に置いています。

唐十

唐十

唐十は国内線旅客ターミナルの2階に専門店として出店しています。場所は2階の中央部になります。

あとがき

冷たい唐揚げはあまり馴染みがないですが、努努鶏も唐十もどちらもすごく美味しいです。

辛いのが好きな方は唐十、苦手な方は努努鶏がおすすめです。

福岡空港でお土産に悩んだ際は是非買ってみてください。

ブログをご覧いただきありがとうございました!毎日20:00に更新していますので、良かったら明日も見に来てくださいね。

それでは、また!


他にもお土産の記事を書いています。よかったらご覧ください。

good and new ブログ お土産の記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました