蔵王山頂はそろそろ紅葉で色づいてきました!

お釜旅の記録

秋晴れの日にドライブついでに宮城・山形の蔵王のお釜に行ってきました。

お釜

宮城県と山形県の県境にあるお釜は火口湖です。水はエメラルドグリーンですが、太陽の当たり方によってはコバルトブルーに変化します。

お釜の水は強酸性で生物は住むことができません。近くで見たい気持ちもありますが、火口湖付近は立ち入りが禁止されているため、遠目で眺めました。

蔵王お釜
真ん中の池がお釜

お釜付近は背の高い木がなくて遠くまで見通せま。お釜もそうですが、お釜の周りの急勾配や隣の山など、その規模の大きさに自然の偉大さを感じました。

お釜観光の注意点

お釜付近の地面は岩が散乱していて非常に歩き辛くなっています。小石が多いところは晴れた日でも滑りやすく危ないです。そのため、歩きやすい靴を履いていくことをおすすめします。

蔵王お釜付近の地面
ゴツゴツとした岩と小石が散乱していました

また、山頂付近の気温は低く、風も強いことが多いです。そのため夏場でも羽織ものを持っていくことをおすすめします。

ちなみに、私が行った時には平地で28度で汗ばむ気温でしたが、山頂付近は18度で、長袖で丁度良いくらいの気温でした。

レストハウスグルメ

お釜のレストハウスにはレストランがあり、綺麗な景色を見ながら食事を楽しめます。

蔵王レストハウス看板

蔵王のお釜をイメージしたカツ丼や定番のカレーライス、ラーメンなど様々な種類のメニューがあります。

蔵王レストハウス・レストランメニュー表
蔵王レストハウス・レストランメニュー表

山々を眺めながら食べることができます。

蔵王レストランからの景色

私は名物の「蔵王JAPAN-X お釜カツ丼セット」を注文しました。

名物「蔵王JAPAN-X お釜カツ丼セット」

JAPAN-Xは宮城の自然豊かな地で育てられたブランド豚で豚特有の臭みがなく、旨味が詰まったお肉です。

詳しくはJAPAN-Xのwebサイトをご覧ください。

JAPAN-X webサイト

お釜カツ丼のカツは肉厚でジューシーでとても美味しかったです。セットの味噌汁も出汁が効いた優しい味でした。

アクセス・駐車場・リフト情報

仙台市内から車で1時間半。山形市内から車で1時間ほどです。

お釜まで車で行く場合には「蔵王ハイライン」という有料道路を通ります。料金は軽・小型・普通自動車で550円です。

無料駐車場に車を停めてリフトでお釜まで登る方法もあります。リフトの料金は往復750円で片道だと450円です。営業時間は9時から16時(土日は30分延長)になっていて、上りは営業終了時間30分前までとなっています。

あとがき

10月1日に行きましたが、山頂付近の草木が色づき始めて秋の訪れを感じられました。

蔵王山頂からの景色

秋は栗・さんま・柿・梨など美味しいご飯達が旬を迎えます。少し寒くなってくるので、体には気をつけながら秋を楽しみたいものです。

ブログをご覧いただきありがとうございました!毎日20:00に更新していますので、良かったら明日も見に来てくださいね。

それでは、また!


他にも旅行でよかった場所を記録として書いています。よかったらご覧ください。

good and new 旅の記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました