各地の雑煮文化が面白い!

お雑煮の画像日記

ご当地グルメは心躍りますが、お雑煮もそれぞれの地域で違いがあって面白いものです。旅行に行くと、それぞれの地でお雑煮を食べられるお店を探したりします。私が食べたお雑煮、気になっているお雑煮を紹介します。

各地の餅文化

角餅 vs 丸餅

お餅の形も各地で違いがあり、西日本は丸餅、東日本は角餅の傾向が強いようです。一説には江戸時代、江戸の人口が増加したことで、東日本ではお餅を効率的に生産できる角餅が主流になったとのことです。

私は東北地方にしか住んだことがないので、角餅が馴染み深かったですが、九州の方とお餅の話になった時には角餅の形にびっくりされていました。

すまし汁 vs 濁り汁

すまし汁は魚介や鳥などで出汁をとって、醤油や塩で調理したもので、濁り汁は味噌仕立てや小豆汁などです。

近畿地方や中国地方の一部地域では味噌仕立てのお雑煮や小豆ベースのお雑煮が食べられているようです。(後程写真付きで紹介します)

焼く vs 煮る

お雑煮に入れるもちを焼く場合と煮る場合があります。

個人的には焼く方が喉に詰まらない感じがして好きです。

各地域のお雑煮

福岡県:ブリ雑煮

福岡ぶり雑煮

福岡に出張に行った際に『雑煮のせき亭』でいただきました。九州なので煮た丸餅でした。

せき亭食べログ

長崎県:島原具雑煮

こちらも『雑煮のせき亭』でいただきました。(写真を撮るのを忘れたので農林水産省から引用)

鳥ベースで煮た丸餅でした。

宮城県:仙台雑煮

地元が宮城なので毎年食べていますが、うちでは焼きハゼは乗っていません。いくらとせりが好きです。

山形雑煮

山形雑煮

山形の『池田屋』でいただきました。三つ葉がたくさん入っていて、ゆずの香りがよかったです。

池田屋Retty

岩手県:宮古くるみ雑煮

岩手くるみ雑煮
出典:農林水産省Webサイト(https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/2001/spe2_03.html)

岩手県は雑煮の餅を取り出して別皿のくるみをつけながら食べるようです。

京都府:白味噌雑煮

京都白味噌雑煮
出典:農林水産省Webサイト(https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/2001/spe2_03.html)

白味噌ベースのお雑煮で、煮た丸餅が入っています。大根やにんじん、里芋は全て丸く切ってありますが「家庭円満」や「物事を丸く収める」といった願いがかかっています。

京都と雑煮は和で相性がいいイメージなので、いつかは食べてみたいです。

鳥取県:小豆雑煮

鳥取小豆雑煮
出典:農林水産省Webサイト(https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/2001/spe2_03.html)

一瞬ぜんざいかと思いましたが、お正月にあんこ餅やきな粉餅など甘い餅も食べるので、お雑煮も甘くてもありなのかなと思います。

ぜんざいと違うのか実際に食べて確かめたいです。

香川県:白味噌あん餅雑煮

香川白味噌あん餅雑煮
出典:農林水産省Webサイト(https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/2001/spe2_03.html)

餅にはあんこを詰まっていて、白味噌ベースのお雑煮です。

白味噌のしょっぱさとあんこの甘さの相性がとても気になります。

あとがき

なかなか住んでいる地域以外のお雑煮を食べる機会はないですが、機会があれば積極的に食べていきたいと思います。

またどこかでお雑煮を食べたらこのブログで報告したいと思います。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました